page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

ベルギーのアート旅(後編)/ユネスコ世界遺産「プランタン・モレトゥス印刷博物館」へ


アントワープの黄金時代

プランタン・モレトゥス印刷博物館の中庭は16世紀の典型的なガーデンスタイル。 プランタン・モレトゥス印刷博物館の中庭は16世紀の典型的なガーデンスタイル。

「ベルギーのアート旅」前編からの続きです。アントワープの世界遺産「プランタン・モレトゥス印刷博物館」も、アート好きにはおすすめのスポットです。博物館を紹介する前に、アントワープが16世紀ヨーロッパ最大の商港となった背景をおさらいします。大きな理由は、英国の毛織物輸出の独占団体がアントワープを指定市場とし、英国の毛織物はすべてこの港を通過することになったためです。当時の大切な貿易品である羊毛や南ドイツの銀や銅、東洋からの香辛料ほか、世界各地の特産品がこの港に集まり、アントワープは世界の商業・金融の拠点となりました。町の繁栄は文化発展を後押しし、出版や版画制作においても欧州の中心地となっていました。

世界最古の活版印刷出版社

アントワープ出身の画家ルーベンスはここで500冊の本を購入したという記録も残されています。 アントワープ出身の画家ルーベンスはここで500冊の本を購入したという記録も残されています。

当時ヨーロッパでもっとも名高い印刷出版業者が、クリストフ・プランタン(1520〜1589)でした。工房は9世代にわたって続いたもので、創設者の邸宅と工房がそのまま博物館となっています。書物と写本3万、木版画1万5000、銅版画3000ほか、絵画やデッサンなど世界最大のコレクションで、中庭のある邸宅は2階建てで展示室は約35部屋! 建物の装飾やアート、調度品も含め、当時の富豪の暮らしぶりがわかります。

ルーベンスやブリューゲルの絵画も必見

ミュージアムショップではこんなカードも購入できます。博物館のモチーフをうまく今風にアレンジしたデザインは、さすが芸術の街アントワープと実感させられます。 ミュージアムショップではこんなカードも購入できます。博物館のモチーフをうまく今風にアレンジしたデザインは、さすが芸術の街アントワープと実感させられます。

ここには当時の印刷機や活版なども残されており、木版と銅板の違い、14世紀以前は動物の革が印刷に使われていたこと、14世紀以降は紙は麻から作られていたことなども学びました。注目すべきは、4000以上もある貴重な植物装飾の木版。また、創業者一族と親交のあった画家ルーベンスやブリューゲルの作品などが展示されていて鑑賞できます。ブリューゲルとえいば、当時人気を博した彼の船の版画シリーズもここで出版されました。この版画に使われている彫刻凹版・エングレービングは最も古くから行われた銅版画技法であり、こちらの印刷工房、初期は版画用の彫刻道具を造っていたそうです。とにかく博物館内部は広くて見るべきものもたくさんありますから、時間に余裕をもって出掛けましょう。
●プランタン・モレトゥス印刷博物館 www.museumplantinmoretus.be

有名すぎる鉄道駅と、ブリューゲル作品が見られる美術館へ

アントワープ中央駅はブリュッセルからわずか電車で40分ほど。昨年、キムタクの次女kokiが出演する某飲料水メーカー新商品のテレビCMで撮影場所に使われていましたね。 アントワープ中央駅はブリュッセルからわずか電車で40分ほど。昨年、キムタクの次女kokiが出演する某飲料水メーカー新商品のテレビCMで撮影場所に使われていましたね。

アントワープへ行くなら、世界いち美しい鉄道駅と絶賛される「アントワープ中央駅」は要チェックです。そして、19世紀の貴族の邸宅がそのまま美術館になった「マイヤー・ヴァン・デン・ベルグ美術館」。こちらには今年没後450年を迎えたピーテル・ブリューゲル1世の貴重な作品2点『悪女フリート』と『12の諺』に加え、その子孫による模写も展示されています。息子ピーテル・ブリューゲル2世が127枚も模写したうちの1枚『鳥罠のある冬景色』もあります。まだたくさんあるベルギーのアートスポット、何度訪ねてもまた行きたくなりますよ。
●マイヤー・ヴァン・デン・ベルグ美術館 https://www.museummayervandenbergh.be/en
●取材協力:ベルギー・フランダース政府観光局 www.hollandflanders.jp

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/03/30)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索