「フランダースの犬」の町、アントワープの入口

日本人にとっては「フランダースの犬」の町として知られている、ベルギー第二の都市アントワープ。世界遺産のノートルダム大聖堂には、主人公のネロが最後に見たルーベンスの名画「キリスト昇架」及び「キリスト降架」を見るために毎年多くの日本人が訪れています。そんなアントワープへはパリやブリュッセルからバスでも行けますが、列車を利用しない方にもぜひご覧いただきたいのが中央駅です。さまざまなメディアで「世界一美しい駅」として取り上げられることがおおい、人気の観光スポットなのです。

駅は地下2階から地上階まで吹き抜けになっている 駅は地下2階から地上階まで吹き抜けになっている

歴史的な建築物の中に現代的な地下階を組み込んだデザイン

アントワープ駅では1895年から1905年までの10年をかけて、それまで木造だった駅舎を、大理石などをふんだんに使って改築が行われました。このときに建てられた壮麗な外観や豪華な待合ホールはもちろん今でも健在で、宮殿のような重厚さと彫刻作品のような繊細さを併せ持った美しい造りになっています。駅ではさらに1998年から、高速列車の折り返し運転を解消するために地下部分を作る改良工事が行われました。その結果、2007年からこの地下階にも列車が通るようになりますが、元の駅舎の美しさも保たれているだけでなく、両者の美しさを引き立て合う素晴らしい設計になっています。現代的なデザインの地下階から近代的なデザインの地上階までは吹き抜けになっており、100年以上の駅舎の歴史を一望できるようになっているのです。

ショップも充実! ゆっくり過ごすのにも最適な駅

広々としたアントワープ駅は建物が豪華なだけでなくショップも充実しています。お土産も買うことができますし、カフェやファストフード店で時間を潰すこともできます。特に、建物の雰囲気を活かした内装の「ル・ロワイヤル・カフェ」はおすすめ。高いのではないかと怖気づきそうになる店名ですが、3〜4ユーロ程度でコーヒーを飲むことができ、ゆっくり過ごすのに最適です。アントワープ中央駅から観光スポットが集まっている旧市街地までは少し離れていますが、あまり時間がない方もぜひ駅構内は探索してみると良いと思います。