page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ベルギー・ブリュッセル・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

1キロくらい一人でペロリ!美味しいムール貝の季節がやってきた


掲載日:2007/09/19 テーマ:グルメ 行き先: ベルギー / ブリュッセル

タグ: おいしい グルメ 魚料理 名物


ムール貝+ビール+フリッツ3大名物をセットで堪能!

大きな鍋にたっぷりのムール貝ブルゴーニュ風 650gとビールとフリッツ! 大きな鍋にたっぷりのムール貝ブルゴーニュ風 650gとビールとフリッツ!

ベルギー人の大好物ムール貝の季節がやってきました! この時期はムール貝専門店だけでなくレストランでも、大きな鍋にどっさり入ったムール貝と格闘している人々でごったがえします。その姿はまさに「格闘」!貝殻を使ってわさわさ食べるお客と、山積みになっていく貝殻のボールをせっせと取り替えてくれるウエイターさん。観光客だけでなく、ネクタイにスーツでキメタ地元ビジネスマン組も仕事話に花を咲かせながら、とんでもない量のムール貝とビールとフリッツ(フライドポテト)というベルギー3大名物をたいらげていく姿は圧巻です。

オススメは「ブルゴーニュ風」。貝の旨味と野菜・香菜たっぷりのあっさり風味

これが貝と野菜の旨味たっぷりスープ 。ムールの身を入れて食べよう これが貝と野菜の旨味たっぷりスープ 。ムールの身を入れて食べよう

さすが名物だけあって、その種類はもちろん豊富。カレーなどスパイスを効かせたものやトマトソース、ホワイトソース系など色々あるけれど、まずはムール貝そのものの美味しさを楽しめるブルゴーニュ風(Moules bourguignones )、または白ワイン煮(Moules au vin blanc)をオススメします。店によって差はあるけれど、大抵はセロリやポアロ、パセリなどの野菜・香草類と白ワイン等で蒸したもので、貝の旨味をストレートに味わえて臭みが少なく、あっさり美味しい!

地元ッ子伝授、旨味たっぷりのスープまで味わう「美味しい食べ方」!

試しに人と鍋の大きさを比べて見たら……(この時は1kg! さすがに残しました) 試しに人と鍋の大きさを比べて見たら……(この時は1kg! さすがに残しました)

心得1:ムール貝に大抵ついてくるフリッツは口直し程度(これを頑張るとおなかがはちきれちゃいます!)
心得2:(5)に辿り着くように、(2)の段階は無理して食べない。
さて、ビールを一口飲んで、さあスタート。

1)ムール貝をひとつ取り出し、繋がっている2枚の貝をねじって切り離す。
2)このうち1枚をスプーン代わりにして、貝の身をこそげとって食べ進める。(貝を切り離さず、挟んで食べる食べ方もあり)
3)美味しいベルギービールと供に鍋の貝を半分くらい平らげたら、一時ストップ!
4)残ってる貝の身を、まだ熱い鍋底のスープ中に放り込む。
5)貝と野菜たっぶりスープのできあがり!備え付けの本物のスプーンとパンで最後までどうぞ!

お店選びは慎重に!

とにかく店員さんの客引きに惑わされず、ムール貝を食べているお客さんに注目。お客さんの食べっぷりと、地元サラリーマンなどをチェックしてください。量については、私の場合は650gムール貝+フリッツ+ビールくらいだと、残さずに食べられて満足です。冬でもテラスに席ヒーターがついて快適なところもあるので、テラスで熱々ムール貝とビールを楽しむのもオツ!ぜひこの季節にベルギー3大名物を楽しんでください!

【関連情報】

■Chez Leon(シェ・レオン)
住所:Rue des Bouchers, 18, 1000, Bruxelles
電話番号:(0)2 5111415
営業時間:12:00-23:00
定休日:無し

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/09/19)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索