page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ベルギー・ブリュッセル・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ブリュッセルの凱旋門?!入場料なしの眺望と格安美術館を楽しむのが◎!


掲載日:2007/12/18 テーマ:歴史 行き先: ベルギー / ブリュッセル

タグ: 穴場 公園 絶景 博物館


サンカントネールの頂上へフリーアクセス!

サンカントネール頂上からの絶景です!西へ延びるサンカントネール公園もベルギー建国の父といわれるレオポルド2世が造ったもの。シンメトリックなデザインが特徴と言われますが、両端の並木道もイイ感じです サンカントネール頂上からの絶景です!西へ延びるサンカントネール公園もベルギー建国の父といわれるレオポルド2世が造ったもの。シンメトリックなデザインが特徴と言われますが、両端の並木道もイイ感じです

パリの凱旋門は有名すぎるほどですが、ブリュッセルの“凱旋門”サンカントネールは、驚くほどの無名(笑)。確かにパリの凱旋門のように放射状に広がる通りや町並みを…といったスケールや美しさではないけれど、ここからも「サンカントネール公園」や旧市街、新市街を見渡せて、しかもエレベーターアクセスで、なんと無料!ぜひ天気の良い日に(冬なら防寒対策ばっちりにして)上ってみて下さい!

サンカントネール公園で憩う!

公園から眺めたサンカントネールです。門の中央にはためくのはベルギー国旗です。近くまでいくとその壮大なスケールに思わず見上げて息をのみます 公園から眺めたサンカントネールです。門の中央にはためくのはベルギー国旗です。近くまでいくとその壮大なスケールに思わず見上げて息をのみます

このサンカントネールは、建国50周年記念建造物(CinquantenaireのCinqante=50)で、ベルギー建国が1830年で1880年完成…の予定でしたが、遅れること25年、1905年遂に完成したということです。その間に作られたサンカントネール公園は300ヘクタールのシンメトリックな作りで、市民の憩いの場になっています。並木道には昼休みを使ってジョギングするビジネスマンらしき姿も!すぐ近くがあのEU本部なので、彼らはもしや国際公務員か?!

軍事博物館、歴史美術館等々、たっぷり遊ぼう!

これが、軍事博物館の入り口!大砲満載でわかりやすいです。博物館開館中はいつでも頂上へアクセスできますが、ごくごくたまに清掃している日はあがれないことも! これが、軍事博物館の入り口!大砲満載でわかりやすいです。博物館開館中はいつでも頂上へアクセスできますが、ごくごくたまに清掃している日はあがれないことも!

サンカントネール頂上へのアクセスは軍事博物館内のエレベーターからですが、ここは入館無料です。サンカントネール東側正面から見て右(つまり門の北翼の付け根あたり)に大砲などが並ぶ入り口から入って、受付で聞くと、館内のエレベーターを教えてくれます。(それくらい地味な入り口です)。ここは広い体育館みたいなスペースに軍用機やらがいっぱい!子供がめちゃめちゃ楽しんでいました。美術・歴史博物館は4ユーロと激安なのに、とにかく広くて、内容もヨーロッパやら中東やアフリカのものやらよりどりみどり!

シューマン駅からのアクセスが◎!

シューマン駅から徒歩3分の眺めです。向こうに小さくみえる門に向かって、並木道や庭園を楽しんで下さい シューマン駅から徒歩3分の眺めです。向こうに小さくみえる門に向かって、並木道や庭園を楽しんで下さい

サンカントネール自体へのアクセスは西のシューマン駅、東のメロード駅ですが、近いのがモンゴメリー駅。でも時間があるなら、ぜひ庭を通るシューマン駅からがオススメ!メトロを出ると大きな円形交差点がありますが、EU本部の流線型のビルを背に進むと、すぐに緑豊かな公園とその向こうにサンカントネールがみつかるはずです。穴場スポットブリュッセル“凱旋門”へぜひいってみてください!

【関連情報】

今年の春に訪れたときの写真です。偶然何かの軍事セレモニーが行われていました! 今年の春に訪れたときの写真です。偶然何かの軍事セレモニーが行われていました!

■ Musee du Cinquantenaire(サンカントネール博物館)
住所:Parc du Cinquantenaire,10 , 1000, Bruxelles
電話番号:+ 32 (0)2 741 72 11
URL:http://www.kmkg-mrah.be/(王立美術・歴史博物館ページより)
営業時間:火ー金9:30-17:00土日祝10:00-17:00
定休日:月、1/1, 5/1, 11/1&11, 12/25
その他:最寄り駅はメトロのメロード駅(凱旋門に近い)とシューマン駅(庭園に近い)。軍事博物館から頂上アクセスができる。ただ頂上の清掃で、ごくごくたまに頂上閉鎖しているときもあるので、要注意です。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/12/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索