page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ベルギー・ブリュッセル・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

カメラ革ケースも素敵な揺りかごも!ガラクタもアンティークも山盛りのジュドバルへ!


掲載日:2008/01/17 テーマ:ショッピング 行き先: ベルギー / ブリュッセル

タグ: お土産 ショッピング 雑貨 市場


蚤の市で有名なジュ・ド・バル広場界隈へ

アンティークの藤製の揺りかご(450ユーロ)。下が固定されて揺れないけど、上からオルゴールを吊るせるなど赤ちゃんが喜ぶ機能はそのままに。赤ちゃんが大きくなってもインテリアとして使えそう アンティークの藤製の揺りかご(450ユーロ)。下が固定されて揺れないけど、上からオルゴールを吊るせるなど赤ちゃんが喜ぶ機能はそのままに。赤ちゃんが大きくなってもインテリアとして使えそう

ブリュッセル南駅から徒歩5分ほどの距離にあるジュ・ド・バル広場(Place du Jeu de Balle)は毎日に開かれている蚤の市(ガラクタ市)が有名ですが、この界隈を歩くとかなり年季の入った面白いお店がいっぱい! 特にこの辺りは家具通りと名前をつけてもよさそうなお店が多く、インテリアショップ、リサイクル店、クラフト店、アンティークショップ、キッチン用品やインテリア小物店など様々。そのほか老舗陶器店もあれば革製品やアクセサリーなどもあります。

西欧の「美しいガラクタ」並ぶリサイクル店

吹き抜けを上からみるとさらに圧巻の光景!シャンデリアがキラキラ。ヨーロッパならではのリサイクルショップという品揃えと雰囲気です 吹き抜けを上からみるとさらに圧巻の光景!シャンデリアがキラキラ。ヨーロッパならではのリサイクルショップという品揃えと雰囲気です

私がまず驚いたのは、一見古びたリサイクル店らしきお店でした。その店内は外からはまず想像がつかないほどの大きさで、見上げると4〜5階程の吹き抜け天井にシャンデリアがじゃらじゃらと吊ってあり、どの階も古物で埋め尽くされていたのです。リサイクルといっても、アクセサリーから書籍、家具、絵画、螺旋階段(?)、カメラの革ケースやバンド、蝶つがい、パイプなどなんでもござれ。中でも私が目にとまったのは赤ちゃんの揺りかご! 日本で春に子供が生まれる予定の友達にぜひ送りたい!と思うほど素敵でした。(写真1枚目参照)

アフリカンアクセサリーや小物も充実

「動くのかな?」と思うカメラもありますが、革カバー等は掘り出し物も沢山ありそう! 「動くのかな?」と思うカメラもありますが、革カバー等は掘り出し物も沢山ありそう!

ジュ・ド・バル広場界隈は、こんなよろずやリサイクル店だけでなく、バースツールや製図版など実用的でデザインにこだわって品物をおいているお店や、本物のアンティークや高級品を中心に品揃えをしているお店、アフリカンにこだわったお店、小物中心のお店など本当に様々です。ちなみに私はふらっと入ったクラフト店で、ずっと探していた木のワインオープナーを見つけて大喜び! このお店はかわいいドアノブ(こちらは映画「アメリ」でお馴染み、簡単に家の中のドアノブを取り外しできるのです)や水道の蛇口の品揃えが豊富でした。

土日は賑やか!平日はのんびりムード

陽気なバンドの音楽がヨーロッパの冬に活気を与えてくれます。カフェもテラス席が満席になっていて、さすがこっちの人は強いなぁと思ってしまいます 陽気なバンドの音楽がヨーロッパの冬に活気を与えてくれます。カフェもテラス席が満席になっていて、さすがこっちの人は強いなぁと思ってしまいます

土日は蚤の市の出店数が多いので、バンドの音楽が聞こえたり周辺の飲食店も活気があり、とにかく賑やかです。ただ蚤の市が閉まる14時以降、人通りが少なくなる頃に閉めるお店もあります。落ち着いてゆっくりまわりたいなら平日がオススメですがこちらも曜日により閉めている店もあるので要注意です。それと、私も友人もまだ経験はありませんが土日の蚤の市にはスリもやっぱりいるみたいです。この辺りはルイーズ通りなどと異なりとても地味な界隈なので、スニーカーとジーンズ等動きやすくて地味目の服装でまわる事をお勧めします!

【関連情報】

昔はこれで航海などしたのでしょうか?取っ手がとれてしまった旅行鞄だけど雰囲気ばっちり。帰りの荷物が入らなければこんなアンティークを購入して荷物を運ぶのもありかも? 昔はこれで航海などしたのでしょうか?取っ手がとれてしまった旅行鞄だけど雰囲気ばっちり。帰りの荷物が入らなければこんなアンティークを購入して荷物を運ぶのもありかも?

■ Place du jeu de balle(ジュ・ド・バル広場)
住所:Place du jeu de balle, 1000, Bruxelles
電話番号:無し
URL:www.opt.be/informations/events/fr/E/20774.html
営業時間:毎日7:00-14:00
定休日:無し

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/01/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索