ベルギーのチョコレートのブランド。どれが好き?

チョコレートの本場といえば、何といってもベルギー。王室御用達のチョコレートのブランドもあります。もちろん本場で買うのが一番ですが、日本のデパートにも出店しているブランドもあります。ちなみに現在のベルギー王室御用達は、ゴディバ、ガレ、コード・ドール、メリー、ノイハウス、ウィッタメールの6社なんだそうです。そのなかでも日本でも有名なのは、ゴディバ、メリー、ノイハウスでしょうか。とくにゴディバには、高級なイメージがありますが、地元の人に言わせるとゴディバよりノイハウスのほうが美味しいのだそうです。別の人に聞くと、また別の意見があるのでしょう。ピエールマルコリーニは、新しいブランドですが人気があります。王室御用達でなくてはならない、そんなことはありません。ベルギーの人々は、うるさくチョコレートをチェックしています。日本に入ってくるものは、このチェックを潜り抜けたものなので、味と品質は補償付きです。本場でもぜひ召し上がってください。

ベルギーのブリュッセルで人気のチョコレートを味わおう! ベルギーのブリュッセルで人気のチョコレートを味わおう!

おすすめは、いちごのチョコレートがけです

ベルギーのチョコレートは、もちろんお土産にもピッタリですが、地元でなくては、食べられないチョコレートもあります。オススメはベルギー、ブリュッセルにあるゴディバのグランプラスの本店です。ここでは、生のいちごにチョコレートディップをかけたものがあるのです。これが、美味! もちろんお土産に持ち帰ることはできないので、その場でしか味わえないものなのです。くるくるとラッパ型に丸めた包装紙に、チョコレートがけのいちごが入っています。これは少し行儀が悪いですが、グランブラスで立ったまま頂くのが一番美味しいです。

チョコレートは、お好みのものを箱詰めに……

ベルギーの人々は、よく手土産用にチョコレートを買います。そのときは、あらかじめパックされたチョコレートではなくて、バラで売られているものを、好みに応じて店員に箱詰めしてもらうのです。ショーケースをのぞきこむ姿は真剣そのもの! お店では、素敵な箱を用意していますので、こういう買い方もいいですね。