page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

ブリュッセル街歩き〜人気画家ブリューゲルを偲ぶ、お散歩ルート


掲載日:2019/03/24 テーマ:祭り・イベント 行き先: ベルギー / ブリュッセル

タグ: イベント 教会 建築 世界遺産 博物館 名画


世界でもっとも美しい広場「グランプラス」の夜の輝き

ヴィクトル・ユーゴーが「世界でもっとも美しい広場」と賞賛したグランプラス。 ヴィクトル・ユーゴーが「世界でもっとも美しい広場」と賞賛したグランプラス。

2019年はフランダース絵画の巨匠ピーテル・ブリューゲル没後450年記念の年です。そこで街中のブリューゲル関連スポットを巡る「お散歩ルート」を紹介します(ブリューゲルについては『2019年はブリューゲル没後450年(1)(2)』『ベルギー王立美術館(前・後編)』をご覧ください)。ブリュッセルに着いたら、まずはブリューゲルもよく足を運んだであろう世界遺産グランプラスへ。高い塔をもつ市庁舎を中心に、緻密な装飾を施した美しいギルドハウスが並んでいます。こちらは夕方から夜にかけてが断然綺麗! 夜23時頃まではライトアップされているので、日中の観光とは別に夕方から夜にかけてもぜひ行ってみてください。とくに夏の夜は心地よく、広場内のカフェはもちろん、石畳に直に座ってイルミネーションを楽しむ若者を多く見かけました。

ハルの門屋上から中世の街を見下ろす仕掛けも

14世紀の建築がそのまま残る「ゴシックの間」。4階は19世紀のブリュッセルの暮らしについての展示となっています。入館料は大人12ユーロ。 14世紀の建築がそのまま残る「ゴシックの間」。4階は19世紀のブリュッセルの暮らしについての展示となっています。入館料は大人12ユーロ。

ピーテル・ブリューゲル1世は、37歳の時にアントワープからブリュッセルに移住し、43歳(1569年)で亡くなるまで住んでいました。散歩ルートは、旧市街の南入口にあるハルの門(Hallepoort)からスタートです。14世紀に町を守る城門として建てられたハル門は19世紀に改装されて以降、5階建ての「ベルギー王立軍事歴史博物館」となっています。この上階では16世紀ブリューゲル時代の体験型VRアトラクションが催されます。彼が住んでいたマロール地区の眺望を最上階からハイテク双眼鏡で見られる他、権力と反逆、宗教改革、旅行と好奇心、祝福とエンターテインメントのコーナーに分けられ、たとえばVRゴーグルをかけてブリューゲル4つの作品の中を旅する体験や、フランダースの郷土料理について学べる展示も。

ブリュッセルの歴史をしっかり学べるハルの門

イザベラの命により始まったグランプラスのパレードは、街の発展と威信を国内外に示すためのものでした。パレードで各ギルドが手にもって歩いた業種別のトーチも展示しています。写真は2階の鎧と馬のはく製。 イザベラの命により始まったグランプラスのパレードは、街の発展と威信を国内外に示すためのものでした。パレードで各ギルドが手にもって歩いた業種別のトーチも展示しています。写真は2階の鎧と馬のはく製。

この博物館、歴史を学ぶにはとても貴重です。ネーデルランドは15世紀後半からハプスブルク家の領土となります。16世紀末にスペイン王フィリップ2世の娘イザベラはネーデルランド南部(現ベルギー)をもらいうけ、夫アルプレヒトとともに共同統治にあたりますが、ここには当時のブリュッセル最盛期の遺物が展示されています。とくにアーチ柱が美しい2階のゴシックの間は必見。見ものはフィリップ2世時代に使われていた北イタリア製の鎧と兵馬のはく製。この鎧、なんと、当時はお城1つ分に相当する高価なものだったそう。ほかにもフィリップ2世の父、カルロス5世が使っていたベビーベッドや、水飲み場の石の一部(ヘラクレスの柱が彫られています)、魚市場の門など貴重なものばかり。3階はギルドに関する展示が。17世紀のグランプラスのパレードの様子を描いた大絵画もお見逃しなく。

ブリューゲルが結婚式を挙げ、埋葬された教会へ

ノートルダム・ド・ラ・シャペル教会横に立つピーテル・ブリューゲルの銅像 ノートルダム・ド・ラ・シャペル教会横に立つピーテル・ブリューゲルの銅像

ハル門を出てオート通りを北方向へ歩くと、突き当たりに見えてくるのが「ノートルダム・ド・ラ・シャペル教会」。ここはブリューゲルが37歳で師ピーテル・クックの娘と結婚した教会で、またブリューゲルの遺体が埋葬されたとされる教会です。教会横にはブリューゲルの銅像が立てられ、内部には埋葬を示すプレートも残っています。教会を見学したら北西方向のミュージアムエリアへ。「ベルギー王立美術館」でブリューゲル一族の絵画、また「ベルギー王立図書館」の版画展(『ベルギーのアート旅(前編)』参照)、どちらも存分に堪能しましょう。
●16世紀のブリューゲルの世界展 BACK TO BRUEGEL EXPERIENCE THE 16TH CENTURY
日程:2019年10月18日〜2020年10月18日
会場:ハルの門 www.kmkg-mrah.be/halle-gate 
取材協力:ベルギー・フランダース政府観光局 www.hollandflanders.jp

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/03/24)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索