観光スポット「ルーベンスの家」の旅行情報

観光スポット「ルーベンスの家」の旅行情報

ルーベンスの家

ルーベンスの家

名称:ルーベンスの家(ベルギー/ブリュッセル
ジャンル:観光スポット

ルーベンスが自ら設計し、1610年から5年かけて建てられたバロック様式のアトリエ兼住まい。1946年に再建され、現在は市立博物館として一般公開されている。この家には、当時のルーベンスの名声を物語るようにスペインのイザべラ王妃やメディチ家のマリーなど貴族や芸術家が集まり、華やかな社交の場でもあったようだ。邸内には家具や調度品ばかりでなく、ルーベンスの代表作が数十点展示されている。特に食堂に掛けられているルーベンスの自画像や、居間にある「庭園のアダムとイブ」、「聖アドリアヌスの殉教」などの作品は必見。

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!ブリュッセルの観光スポット最新情報

2016/01/28 観光地・名所

甘い香りに包まれた中世の街ブリュッセル

ブリュッセル旅行イメージ-マネキンピスは毎月衣装替えをする マネキンピスは毎月衣装替えをする

ブリュッセル駅で降りると、チョコレートとワッフルとお花の甘い香りに歓迎されて思わず笑顔。ベルギーの有名人、「小便小僧」(マネキンピスManneken Pis)は駅から石畳を歩いて約10分の距離。お土産やさんもこの辺りにたくさん並んでいます。人だかりができているのですぐにわかりますが、びっくりするほど小さくてかわいい像。もともとここは水汲み場として使われていました。「小僧」に対抗して、あるバーのオーナーが人集めのために作った少女版の像(ジャンネケピスJeanneke Pis)も少し離れたところにあります。続きを見る



ブリュッセル旅行でぜひ訪れたい観光スポット


ブリュッセル旅行で見たいイベント

 

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

ルーベンスの家への旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。