世界遺産「ヴィシェグラードのメフメド・パシャ・ソコロヴィッチ橋(ムハムド・パシャ・ソコロヴィック橋)」の詳細情報

ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産・名所ガイド

Mehmed Pasa Sokolovic Bridge in Visegrad

ヴィシェグラードのメフメド・パシャ・ソコロヴィッチ橋

名称:ヴィシェグラードのメフメド・パシャ・ソコロヴィッチ橋(ボスニア・ヘルツェゴビナ
英語名称:Mehmed Pasa Sokolovic Bridge in Visegrad
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2007年

16世紀末のオスマン帝国の傑作

バルカン半島にあるボスニア・ヘルツェゴビナの東部、ヴィシェグラード市内を流れるドリナ川に架かるレンガ造りの橋。全長179.5mにおよび、11本の石造りのアーチから成る。オスマン帝国時代に宮廷建築家ミマール・シナーンが設計し、16世紀終わりに建造された。中央部に張り出したテラスは、かつて民族に関係なくコーヒーを飲み語らう交流の場であった。ノーベル賞作家イヴォ・アンドリッチは、幼少時に聞いた橋の歴史を「ドリナの橋」に著した。現在、町の高校ではアンドリッチの小説を朗読し、多民族社会を考える授業が行われている。オスマン帝国の建築水準の高さを例証する橋は、2度の世界大戦で損傷したが、その後再建された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産最新情報

2016/04/07 世界遺産

ノーベル賞作家の代表作のモデルになった世界遺産の橋

ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行イメージ-ノーベル賞作家の代表作のモデルになった世界遺産の橋 ノーベル賞作家の代表作のモデルになった世界遺産の橋

現在、ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産はふたつあります。すなわち「モスタル旧市街の古橋地区」と「ヴィシェグラードのソコルル・メフメト・パシャ橋」です。両方とも橋が世界遺産になっています。そのうち、今回は「ヴィシェグラードのソコルル・メフメト・パシャ橋」をご紹介しましょう。ボスニア・ヘルツェゴビナが誇る作家イヴォ・アンドリッチは、1961年にノーベル文学賞を受賞してます。アンドリッチの代表作『ドリナの橋』のモデルの橋こそが、「ヴィシェグラードのソコルル・メフメト・パシャ橋」です。もうひとつの世界遺産があるモスタルのほうは、クロアチアの観光地ドブロブニクから近いという立地から、たくさんの観光客が…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産「ヴィシェグラードのメフメド・パシャ・ソコロヴィッチ橋」についてご紹介します。ヴィシェグラードのメフメド・パシャ・ソコロヴィッチ橋の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。