内戦からの復興を果たした町モスタル

“アドリア海の真珠”ドブロブニークから訪れる近隣の国の世界遺産、今回はボスニア・ヘルツェゴビナの「モスタル」をご案内します。ボスニア・ヘルツェゴビナというと、1992年から95年まで続いた内戦を思い出す人も多いでしょう。あれから20年近くが経ち、国は復興を果たし、モスタルも「スターリ・モスト」というアーチの美しい橋が見どころの町として、多くの観光客を引き寄せるまでになりました。訪れるのに治安の心配はありませんが、先の内戦の爪痕と、いまだに残る民族間のわだかまりを肌で感じ、考えさせられる場所でもあります。

ドブロブニークからのおすすめショートトリップ その2「モスタル」 ドブロブニークからのおすすめショートトリップ その2「モスタル」

美しい橋スターリ・モスト

ネレトヴァ川にかかる美しいアーチを描いた橋、スターリ・モストはモスタルのシンボルであり、この橋を中心に町は発展してきました。残念ながら内戦中の1993年に破壊されてしまいましたが、2004年に復元されて、私たちは再びその美しい姿を見ることができるようになったのです。橋を中心とする旧市街には15世紀から19世紀半ばまで続いたオスマン帝国時代の面影が色濃く残り、西ヨーロッパ文化圏のドブロブニークから来ると、非常にエキゾチックな雰囲気が漂っています。橋の両側には土産物屋や地元料理をするレストランが並び、日中は日帰りツアーでやってくる多くのツーリストで賑わいます。

今に残る内戦の傷跡

橋の東側にはムスリム人が住み、トルコ風のモスクの塔が橋の上からも見られます。一方、西側にはクロアチア人が住んでいて、ネトレヴァ川がまるで国境のように、両者は完全に住み分けられています。内戦時にはネトレヴァ川を挟んで撃ち合ったムスリム人とクロアチア人。東側にあるムスリム人のお墓にびっしりと立つ墓標を見ると、ほとんどが1993年に亡くなっている、当時20歳前後の若者たちでした。どちらの地区にも残されている弾痕だらけの廃屋が「あの時を忘れないぞ」といわんばかりで、今でも続いている悲しい歴史を物語っている気がします。

歴史的文化財に泊まる

モスタルに一泊できるなら、歴史的文化財に泊まってみてはいかがでしょうか。「ムスリベゴヴィツァ・クチャ」はオスマントルコ時代の民家で、博物館として公開されており、宿泊することも可能です。木造の建物は靴を脱いで上がり、床には絨毯が敷かれた上にちゃぶ台が置かれていて、私たち日本人にはなんとなく懐かしい感じがします。宿泊用の部屋はそれぞれ内装が異なりますが、私が泊まったシングルの部屋は、トルコ風のランプや調度品が置かれていてとってもゴージャスでした。翌日の午前にはここのオーナーの女性が博物館を案内してくれます。異国情緒溢れる歴史的な建物での一泊、おすすめです!