世界遺産「マダラの騎馬像(マダラ)」の詳細情報

ブルガリアの世界遺産・名所ガイド

Madara Rider

マダラの騎馬像

名称:マダラの騎馬像(ブルガリア
英語名称:Madara Rider
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1979年

マダラ高原の断崖にある浮き彫りの騎馬像

ブルガリア北東部の都市シューメンの東、マダラ高原の崖に刻まれた巨大なレリーフ。サイズは高さ23m、幅3m。高低差が100mある、足場のない断崖の地上20m以上の高さに刻まれている。8世紀頃の制作とされるが、方法、モチーフ、作者などは未解明である。手にしている槍で足下のライオンを突き刺している騎士が描かれ、後ろには猟犬を従えている。その威風堂々とした姿は、8世紀初頭のブルガリアの英雄テルヴェル・ハーンと推測されている。しかしレリーフのそばに、テルヴェル王以降の王の碑文が刻まれていることから、聖ゲオルギオスであるとする説もある。ワシが騎士の前を飛び、犬が騎士の後ろに従っている情景は、戦勝のようすを描いていると見なされている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ブルガリアの世界遺産「マダラの騎馬像」についてご紹介します。マダラの騎馬像の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。