ソフィアグルメ・料理ガイド

ソフィアグルメガイド

ソフィアのグルメ・伝統料理

ブルガリアの料理は、温暖な気候と多様な地形によって非常に多様性に富んでいる。基本的にバルカン諸国やギリシャ、トルコなど周辺国の料理と似ているが、国内各地の特産物を食材とした郷土料理も多い。首都ソフィアは、ブルガリアのあらゆる郷土料理や各国料理のレストランが集まる、この国随一のグルメの町だ。挽き肉のグリル、壷焼き料理、野菜を豊富に使った前菜など、伝統料理が手軽な値段で食べられる。また、ブルガリアの食事に欠かせないワインも良質でおいしいものが多い。世界的に有名なメルニックの赤をぜひ試してみたい。(2015年編集部調べ)


ソフィアのレストラン・屋台

ブルガリアは豊かな農業国であり、レストランでの食事も非常に安い。ブルガリアの郷土料理を楽しむなら、中級レストランでスープ、メイン、デザート、飲み物まで含めても1000円前後。伝統的な内装で織物などが飾られ民族音楽が流れる中、昔ながらの伝統的なブルガリア料理とお酒を供するメハナは、居酒屋風レストランといったところで、雰囲気もよくおすすめ。ハーフリットルのビールで60円ぐらい。手軽な食事はセルフサービスのレストランで。町にはドネル・ケバブやキョフテを挟んだサンドイッチ、ピザの屋台も多い。

ソフィアの水・お酒

水道水は基本的に飲めるが、水道管が古く混濁している場合もあるので避けたほうが無難。ペットボトル入りのミネラルウォーターがどこでも手に入る。ハーフリットルで30円ぐらい。チェシメという水汲み場もある。ブルガリアのお酒といえば、食前酒にはプラムの蒸留酒ラキア、夏の食前酒に氷水で割ると白濁するマスティカ。食事には良質のブドウから作られたブルガリアワインを合わせよう。アルコール以外の飲み物は、アイリャンという甘くないヨーグルトドリンクは肉料理に合う。様々なハーブの産地ブルガリアでは、ハーブティーの種類も多い。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ソフィアグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるソフィアの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ソフィアのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!