page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

ブルガリアのソフィア中心部で、ショッピングや街歩きが楽しい通りってどこ?


とりあえずは、にぎやかなところへ!

地元民に愛される市場、「ジェンスキ・パザール」 地元民に愛される市場、「ジェンスキ・パザール」

初めての町に着いて、地元の人たちが行き交うにぎやかなエリアを歩くのは楽しいですよね。ショッピングをしたり、カフェに入ったり、食べ歩きをしたり。お店のディスプレイや、人々の様子を見るだけでも発見があります。ブルガリアの首都、ソフィアでもそんな場所を求めて、町を歩きまわってみました。その結果みつけた、おすすめの通りを3つご紹介したいと思います。

ソフィアの顔ともいえる、華やかなVitosha通り

明かりの灯る夕暮れ時も雰囲気がいい 明かりの灯る夕暮れ時も雰囲気がいい

ソフィアの町の中心となるのは、地下鉄のセルディカ駅付近。このあたりから南に延びているのがVitosha通り。付近は大きな通りが交差していて、渡るためには駅の地下道を使います。最初はちょっとわかりにくいのですが、とにかく駅の先を南へ、と思って進んでいくと、楽しげな歩行者天国のような通りが!おしゃれなカフェやレストラン、アパレルのお店などが建ち並び、とてもにぎやか。観光客も大勢いそうな、華やいだ雰囲気です。道幅が広いので、私はまず右側のお店だけ見てから折り返して左側…というふうに見ました。ベンチが多く、座って人々を眺めるのも一興です。

ほどよい規模で歩きやすいPirotska通り

石畳のしゃれたショッピングストリート 石畳のしゃれたショッピングストリート

Vitosha通りに比べるとこぢんまりしている、Pirotska通りもおすすめ。セルディカ駅付近にあるイスラム寺院、バーニャ・バシ・ジャーミヤの向かいあたりから西へ延びる通りです。少し歩くと左手にスーパーBillaがあるのが目印。ここも遊歩道で、両側にさまざまなお店が並び、歩行者専用の道となっています。私が行ったときはアイスクリームや焼きとうもろこしの屋台が出ていましたよ。路上にはちょっと座れるスペースがたくさんあるので、休憩しながらショッピングができます。Billaやドラッグストアのdm、その他キッチン用品のお店など、ぶらぶら見てまわるのが楽しい通りでした。

庶民の生活がのぞけるStefan Stambolov通り

入りやすいお店が多く、本気で買い物できる 入りやすいお店が多く、本気で買い物できる

そのPirotska通りを進み、遊歩道が終わったあたりで右へ曲がりましょう。それがStefan Stambolov通り。ここから生鮮食品などが並ぶ市場「ジェンスキ・パザール」までは、より庶民的でローカル感のあふれる一帯となります。衣料品や靴など、店頭に商品がたくさん並んでいるので見やすいし、値段も安め。生活雑貨のお店もあります。また外の椅子で食べられる気軽なレストランがいくつかあり、地元の人たちでにぎわっていました。若者よりは中高年の人が多い印象の、のんびりしたエリア。時間帯によってはお店が閉まっていることもあるので、活気のある昼間に行きましょう。歩くのが楽しいソフィアの町。以上、特に印象に残った通りを3つ挙げました。街歩きの参考にしてみてくださいね。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/11/16)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索