クロアチアが誇る万能調味料、ヴェゲタとは

クロアチアのスーパーに行くと、青いパッケージがずらりと並んだ棚が必ずあります。この正体はヴェゲタ。クロアチアが誇る万能調味料です。クロアチアの家庭には、必ずあるという国民的な調味料なのです。中味は、塩、砂糖、うま味調味料、乾燥野菜です。乾燥野菜は、 ニンジン、タマネギ、セロリ、パセリなどなど。スープやお肉や野菜のソテーなど、どんな料理にも合い、とりあえずヴェゲタを入れたらクロアチア料理になるという人もいるくらいクロアチア国内ではメジャーなものなのです。ようするに、ヴェゲタは日本での味の素のポジションだといえば、わかりやすいでしょうか。

クロアチア料理に必要? 便利な万能調味料「ヴェゲダ」とは クロアチア料理に必要? 便利な万能調味料「ヴェゲダ」とは

ヴェゲダは、お土産にもぴったりです

とあるクロアチアの主婦に伺ったところ、「私はヴェゲタは使わないのよ」とのこと。化学調味料が混じっているから、からだによくないと思うからだそうです。ヴェゲタは、国民的調味料とはいえ、すべての人に受け入れられているわけではないようですね。ところで、このヴェゲタ、クロアチアだけでなく、近隣の国でも手に入れることができます。私はチェコのスーパーで見かけたことがあります。ただしパッケージが特徴ある青色ではなく、白っぽいものでしたので、ちょっぴり見つけにくいかもしれません。そんなときは、大きなコック帽を被ったシェフのイラストが目印になりますよ。ヴェゲダはお土産にもぴったりなので、ぜひ探してみてくださいね。

ヴェゲタを使ってクッキング

それでは、私のヴェゲタの使い方をご紹介しましょう。私はチャーハンに混ぜ込みます。まず、シンプルにたまごとご飯だけのチャーハンをつくり、ここにヴェゲタを振り入れます。塩は、ヴェゲタにたくさん入っていますので、入れる必要はありません。コツは少しずつ入れること。一気にたくさんヴェゲタを入れてしまうと、けっこう塩からくなりますので、ご注意あれ。ぱらっとした美味しいチャーハンができますよ。