ドブロブニク観光には、ドブロブニク・カードがおすすめ?

この夏(2015年8月)、長年行きたかった念願の都市ドブロブニクに行ってきました。ドブロブニクは、世界遺産にも登録されているアドリア海に面した都市で、ここ数年、日本でも急に知名度が上がってきた都市です。さて、このドブロブニクに着き、観光前にホテルで勧められたのが「ドブロブニク・カード」でした。これは旅行者向けに特典が付いたカードで、ガイドブックでもよく紹介されているものです。このカードの提示によって、8つの観光施設が無料で入場できるほか、制限付きですが市内バスが無料で乗れます。しかしこれは、はたして“お得”なカードなのでしょうか? 今回、私が使ってみた感想を述べてみましょう。

ドブロブニク・カードがあれば、城壁も無料で ドブロブニク・カードがあれば、城壁も無料で

ドブロブニク・カードの種類と購入方法

このドブロブニク・カードは3種類あり、値段は1日券が150クーナ(約2700円)、3日券が200クーナ(約3600円)、7日券が250クーナ(約4500円)です。カードの購入は、インフォメーションやホテルなど市内47か所でできます(ウエブサイトを参考にしてください)。さらに、オンラインでクレジットカード購入すると、それぞれ10%引きとお得になります。その場合はバウチャーをプリントアウトして、現地(旧市街入口のインフォメーションなど3カ所)で正式なカードと交換することになります。さて、このカードを購入すると2つのパスがもらえます。まずは8カ所の見どころに無料で入場できるドブロブニク・カード。もう1枚は市内のバスに無料で乗れるチケットです。それに見どころを解説した小冊子(英語とクロアチア語)が付きます。

無料で入れる見どころは?

ここでこのカードの提示で、無料で入れる8つの見どころと、わかる限りですが一般の入場料も紹介していきましょう。観光客にもっとも人気が高いのが「城壁」で、入場料も単独で入ると100クーナ(約1800円)もします。ただし、ここはドブロブニク観光には欠かせない見どころです。旧市街の中心部にある「旧総督邸」は、展示物にも見応えがあり、ここもツアーなどでは必須の見どころです。通常は入場料が40クーナ(約720円)。この2つは、ドブロブニク・カードがなくても観光客ならきっと見に行く場所ですが、その後はちょっと微妙な見どころになります。(後編につづく)