クロアチアはドブロブニクだけではないのですよ!

クロアチアへの旅行というと、プリトビッツェ国立公園とドブロブニークは鉄板ですね。確かに、この2つは素敵。クロアチアが初めての方には、ぜひ訪れて欲しい観光地です。ですがクロアチアを気に入って「再訪したい!」となったとき、次はどこへ行きましょうか。いろいろ候補はあるのですが、フヴァル島はイチオシです。陸路ではなく、船でないとアクセスできない特別感、かといってそんなに交通が不便ではないこと、それに特に女性にオススメのお土産が買えるからです。そのお土産はラベンダーのポプリ。もちろん、私も持っていますよ!

フヴァル島で見つけたラベンターのポプリ屋台 フヴァル島で見つけたラベンターのポプリ屋台

ラベンターの時期は6月下旬頃だといわれています

一般的に、フヴァル島でラベンターの花が咲く時期は6月下旬頃だといわれていますが、天候や気温の事情もあり、多少ずれることがありますから、ご参考までに! もし、ラベンダーの花が咲いている時期でなくても、フヴァル島名物のラベンダーのポプリは買えますから、ご心配なく! 私は、海べりの散歩道でラベンダーのポプリの屋台を見つけました。陽気なオバサマが、ふたつ買うとひとつおまけしてくれるというので、思わず余分に購入。フヴァル島のラベンダーは香りがよく、下着類を入れたクローゼットに入れておいてもよいですし、寝室に置いておいてもいいです。ラベンターの香りは、安眠を誘うのだそうですよ。不眠に悩む方、お試しあれ!

フヴァル島へのアクセス方法は?

風光明媚なフヴァル島は、ヨーロッパの人々に大人気のリゾート地です。バカンスシーズンにあたる7月と8月は混み合いますから、この時期の滞在を考えているなら早めにホテルを予約してくださいね。フヴァル島へは、アドリア海に面した町、スプリットからフェリーやジェットフォイルでフヴァルに向かうのがスタンダード。フヴァル島にあるスタリーグラードという町にもスプリットからフェリーが運航していますよ。このあたりのスタリーグラード平原はユネスコの世界遺産に登録されていますし、スタリーグラード自体も歩いて楽しい町ですからオススメです。ぜひフヴァル島を訪れてみてくださいね!