8月中旬に訪れるたら、思わぬラッキーが

実はスプリットを訪れるなら、8月の中旬がおすすめです。なぜなら、「ディオクレティアヌスの日」というお祭りが行われるからです。私は偶然出会ったのですが、歴史好きな人にとってはとても興味深いイベントでしょう。この期間は、街中がローマ時代にタイムスリップしたかのように変化します。市民も白い布に身をくるみ、頭には月桂樹を乗せるなど、当時の衣装にコスプレしていました。様々なイベントが行われ、一般の観光客も見学することが可能でした。

観光客でにぎわうスプリット旧市街のプロムナード 観光客でにぎわうスプリット旧市街のプロムナード

夜更けまで続く古代にタイムスリップするイベント

イベント最大の見所は、ペリスティル広場で行われるディオクレティアヌス皇帝が登場するシアターです。皇帝役や妃役に扮した人が登場して、彼の功績や当時の様子を劇場仕立てに紹介していきます。個人的には、ローマ兵軍がカッコいいなあ、と釘付けでした(笑)。他にも、ローマ剣闘士の戦いが行われたり、古代ローマのサッカーが行われました。最後には、音楽コンサート、DJコンサートが行われ、夜が更けていきます。これらのイベントスケジュールは、観光インフォメーションでプログラムをもらって、事前チェックしておくのがベストです!

ローマ時代の宮殿内は、今流行のショップまで

この城壁内外の旧市街は、細い路地を歩いているだけでも楽しいです。おしゃれなレストランやカフェがたくさんあるのも魅力的。店の雰囲気がよいのですが、人気なのでランチタイムになるとどこも混んでいて入れなかったのが心残りです。飲食以外にもファッション系の店や雑貨の店もあり、ローマ時代と現代がミックスされた面白い町の空間が作られています。現在の市民生活も溶け込み、なんとも趣がある旧市街の雰囲気がとても気に入りました。

LCCも乗り入れているので、コストも抑えられる

訪れた8月は、ヨーロッパのバケーション期間。この時期は多くのヨーロピアンがビーチを求めて滞在していましたが、ほとんどアジア人に会うことはありませんでした。知名度が低いおかげで、人目を気にせずビーチも気軽に行けるのもうれしいですね。また、スプリットはLCCのエアラインの乗り入れ空港があるので、ヨーロッパの都市から格安で行くことができます。空港は、市内からバスで30分の所なので、アクセスも便利。ドブロブニクより滞在費も安くてすむ穴場ビーチとして、訪問してみてはいかがですか。