クロアチアの首都は京都と姉妹都市

「アドリア海の真珠」と謳われるクロアチアのドブロブニークは、城壁に囲まれた美しい旧市街が見どころの、ヨーロッパで人気上昇中のデスティネーションです。一方、港湾都市の華やかさを持つドブロブニークに比べると、首都ザグレブは地味で旅人の人気も今ひとつのようですが、クロアチアの文化の中心であり、美しい中世からの街並みを残す、落ち着いた古都でもあるのです。京都と姉妹都市を提携しているザグレブは、他の都市への中継地点としてではなく、ゆっくり滞在してもらいたい魅力的な街です。

京都の姉妹都市、クロアチアの首都ザグレブの魅力 京都の姉妹都市、クロアチアの首都ザグレブの魅力

バロックの建物が並ぶ旧市街とザグレブの胃袋

ザグレブの街は、司教区が置かれた宗教都市カプトルと商業都市グラデツという二つの中世の町が合併してできました。二つの丘の上に建てられたこの中世の町は、ハンガリーとオーストリアの影響を大きく受け、現在もハプスブルグ時代の面影を残しています。丘の上の旧市街には17、18世紀のバロック様式の建物が並び、また家々の間には中世の面影を残す路地がたくさんあります。一方、カプトル地区にあるドラツ青空市場はザグレブの胃袋と呼ばれ、季節感あふれる旬の野菜や果物がうず高く積まれていて、今を生きるザグレブの人たちの生活感にあふれています。

ヨーロッパで最も美しい墓地

ザグレブからバスで10分の郊外にある「ミロゴイ墓地」はヨーロッパで最も美しい墓地のひとつといわれています。重厚な長い回廊にはツタが絡まり、その壁に作られた墓碑は家ごとに趣向を凝らした彫刻やレリーフで飾られていて、まるで野外ミュージアムのようです。広い敷地内には苔むした古い墓石や十字架が並び、緑が多く静謐な空気が漂っています。この共同墓地は、墓地であるとともに公園として人々の憩いの場にもなっているのだそうです。日本人の持つお墓の概念を超えた美しい墓地は、お天気のいい日の散策にぴったりです。

ウィーンにも負けないカフェ文化

ザグレブにはこじんまりとして落ち着いた雰囲気のカフェがいたるところにあります。旧市街のトカルチチェヴァ通りはカフェ密集地帯で、道いっぱいに張り出されたテラスに老いも若きも集い、まるで自分の家にいるかのようにくつろいでいます。他にも街の中にはクラシックな老舗からモダンなカフェまでさまざまなスタイルの店があるので、お気に入りの一軒を見つけるのも楽しいですね。コーヒーのお供に、チョコレートケーキや季節のフルーツをたっぷり使ったケーキなど、ザグレブのスイーツもお忘れなく。