page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

チェコ南部の都市ブルノを基点に、ゼレナー・ホラなど周辺の5つの世界遺産へ日帰り旅行してみよう!


周辺も含めた観光の基点に手ごろな町、ブルノ

チェコ南部にあるブルノは、人口約38万人のチェコ第2の都市です。プラハに比べるとぐっと知名度が下がるので、訪れる人は少ないのですが、その分落ち着いて観光もでき、物価も安いのが助かります。私は宿泊代がプラハよりもぐっと安いのがありがたかったです。今回はそのブルノを基点として観光するプランを考えているみなさんに、実際のアクセスやどう行動したら効率的かを提案しますね。ブルノから日帰りで行ける場所には、全部で5つの世界遺産があります。市内にも見どころがありますが、こちらはブルノを紹介する記事を参考にしてください。

ゼレナー・ホラの聖ネポムツキー巡礼聖堂

ゼレナー・ホラの聖ネポムツキー巡礼聖堂は珍しい5角形の聖堂 ゼレナー・ホラの聖ネポムツキー巡礼聖堂は珍しい5角形の聖堂

ブルノから北方面にある世界遺産「ゼレナー・ホラの聖ネポムツキー巡礼聖堂」は、丘上にある18世紀に建てられた五角形の建物で、周辺の景観と相まっていいところでした。ここへ行くにはブルノからまず鉄道でズジャール・ナト・サーザヴォウという小さな町まで行きます。無人駅にも止まるようなローカル線ですが途中の景色はいいですよ。列車は1時間に1便程度で片道1時間半ぐらい。ズジャール・ナト・サーザヴォウ駅前にバスターミナルがあり、そこから市バスでゼレナー・ホラへ向かいます。近くまで行くバスは何系統もあり、それぞれの停留所からどこも15分ほど歩きます。バスの間隔は1時間おきぐらいなので乗り過ごさないように。Google Mapで駅前から最短時間で出るバスの時間を調べていくといいでしょう。ただし土・日は本数が減るので、行くなら平日ですね。帰りは、聖堂でバスの時間を聞くといいでしょう。町にはレストランやカフェもあるのでランチも問題ないですし、列車に乗っている時間も長いので何か買って乗車してもいいかもしれません。

レドニツェ城とヴァルチツェ城

チェコ南部にある世界遺産ヴァルチツェ城は17世紀からリヒテンシュタイン家の居城だった チェコ南部にある世界遺産ヴァルチツェ城は17世紀からリヒテンシュタイン家の居城だった

ブルノから南、スロバキア国境近くにある世界遺産「レドニツェ城とヴァルチツェ城」へは、ブラチスラヴァ行きの国際急行も多発しているので鉄道の本数もぐっと多くなります。最寄り駅のブジェツラフまでは早い列車だと30分、遅くても1時間。ブジェツラフ駅のバスターミナルからまずはレドニツェ行きのバスに乗ります。こちらは20分に1便程度で、所要20分ほどで到着します。レドニツェ城からもう一つの城ヴァルチツェ城へはバスが1時間に1便程度なので、時刻表をあらかじめ見ておきましょう。問題はこのバスが、土日・祝日は運休してしまうことですね。私の友人は知らないで行き、その間の約8kmを歩いたとか。なのでこの2つの城巡りに行くのは平日に限ります。

クロムニェジーシュの庭園群と城、オロモウツの正三位一体柱

クロムニェジーシュのフラワーガーデン クロムニェジーシュのフラワーガーデン

ブルノから東にある世界遺産「クロムニェジーシュの庭園群と城」へは直通の鉄道はないので、バスを利用することになります。バスは1時間に1〜3便程度で所要約1時間。バスはクロムニェジーシュ駅まで行きますが、その1kmほど手前の大きな交差点にバス停があるので、そこで乗り降りすると観光には便利です(帰りの乗り場や時間は現地の観光案内所で聞くといいでしょう。観光案内所のすぐそばです)。ブルノの北東60kmにあるオロモウツの町へは、鉄道が1時間に1便程度であり、片道1時間半。ただしバスの方が本数も多く、早く着きます。オロモウツの駅やバスターミナルから世界遺産「正三位一体柱」のある広場まではトラム(路面電車)で約5分。ただし、オロモウツは他に見どころもあり、雰囲気もいい街なので1泊することをおすすめします。またオロモウツまで行けば、隣国ポーランドのクラクフまでも鉄道やバスで行けますよ。

トゥシェビーチのユダヤ人街と聖プロコピウス聖堂

ブルノから西にあるトゥシェビーチには世界遺産「ユダヤ人街と聖プロコピウス聖堂」があります。これは両方見ても2時間ぐらいで観光ができるので、日帰りにはいいですね。ただし鉄道は1時間に1便、バスは1日3便程度とアクセスはあまり良くはありません。鉄道、バス共に所要時間は約1時間半。私はネット予約ができる民間バスFLIX BUSで行きましたが、大変快適で便利。しかも公営よりも料金が安かったのでおすすめです。
今回は、ブルノから日帰りで行ける世界遺産5か所を紹介しました。私の場合は、ブルノでは基本的には朝早くに郊外へ行き、午後2時ぐらいにブルノに戻って市内観光をするというスケジュールで毎日過ごしました。ただしオロモウツとトゥシェビーチでは、日帰りでなく宿泊しました。トゥシェビーチは見所がそれほどないので日帰りでOKだと思います。それでは、この記事をあなたのチェコ旅の参考にしてみてくださいね。

※この情報は2020年2月現在のものです。内容には変更があるかもしれないので、最新情報は該当のホームページなどでご確認ください。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/03/04)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索