世界遺産「ゼレナー・ホラの巡礼教会(ゼレナ・ホラ)」の詳細情報

チェコの世界遺産・名所ガイド

Pilgrimage Church of St John of Nepomuk at Zelena Hora

ゼレナー・ホラの巡礼教会

名称:ゼレナー・ホラの巡礼教会(チェコ
英語名称:Pilgrimage Church of St John of Nepomuk at Zelena Hora
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1994年

ゼレナ・ホラの丘に建つ巡礼聖堂

プラハ南東のボヘミア地方とモラビア地方の境界ゼレナー・ホラに位置する聖ネポムツキー巡礼教会。イタリア系でプラハを中心に活躍した建築家ヤン・サンティーニの傑作である。サンティーニは、建物・装飾両面で、ボッロミーニ的なバロック様式に、ゴシックの要素を統合した。教会堂には5つの門があり、上から見ると5つの礼拝堂が五角形の星形になるように配置され、聖堂にはそれぞれ三角形の窓がある。主祭壇では、5人の天使と三位一体を表す3人の小天使が天球儀をもち、その上に聖ネポムツキーの像がある。この「5」と「3」の数字と星形は、時の権力に屈することなく殉教したカトリックの聖人ネポムツキーを祀るものとの説がある。主祭壇の楽園に入るネポムツキーや、脇祭壇の天使たちの絵は、サンティーニの作品である。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!チェコの世界遺産最新情報

2017/06/10 世界遺産

世界遺産の城があるモラヴィアの小都市クロムニェジーシュ

チェコ旅行イメージ-町の中心ヴェルケー広場に並ぶ建物の1階はアーケードになっている 町の中心ヴェルケー広場に並ぶ建物の1階はアーケードになっている

プラハには何度でも訪れるチェコ好きトラベラーでも、モラヴィア地方まで足を運ぶ人はそう多くない。しかしモラヴィアには古い歴史の町がたくさんあり、世界遺産の数も多い。プラハはじっくり見学したので、次はどこへ行こう?と迷ったのなら、是非モラヴィア地方の町を訪れてみよう。起点となる都市はブルノ。プラハに次ぐチェコ第二の都市だ。ここを起点に日帰り可能な世界遺産の町なら、まずはクロムニェジーシュをお薦めしたい。ブルノからは電車でもバスでも1時間半ほどだ。クロムニェジーシュ駅に着いたときに必ず帰りの電車時刻を確認しておこう。駅から旧市街は近く、徒歩で10〜15分ほど。町の中心であるヴェルケー広場は長方形の大…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


チェコの世界遺産「ゼレナー・ホラの巡礼教会」についてご紹介します。ゼレナー・ホラの巡礼教会の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。