世界遺産「レドニツェ‐ヴァルチツェの文化的景観(レドニツェ=ヴァルチツェ)」の詳細情報

チェコの世界遺産・名所ガイド

Lednice-Valtice Cultural Landscape

レドニツェ‐ヴァルチツェの文化的景観

名称:レドニツェ‐ヴァルチツェの文化的景観(チェコ
英語名称:Lednice-Valtice Cultural Landscape
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1996年

リヒテンシュタイン家の領地にある人工物と自然の融合した庭園

レドニツェとヴァルチツェは、チェコのモラヴィア地方南部にある小都市。13〜14世紀に、リヒテンシュタイン公爵家が両都市を領地として城を建設していたが、ヴァルチツェ城を居城と定め、レドニツェ城は夏の離宮とした。1715年2つの城の間に道が造られ、19世紀初頭にはヨハン・ヨーゼフ1世により、ネオゴシック様式のレドニツェ城とバロック様式のヴァルチツェ城の景観と調和した英国様式を取り入れた大庭園が造られた。約200平方キロメートルの広大な園内には、レドニツェ池群などが含まれ、一帯の大部分はマツ林が覆い、一部はディイェ川の河辺林となっている。また狩猟小屋や礼拝堂など、さまざまな様式からなる建造物も点在している。現在は野鳥保護区にも指定されている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!チェコの世界遺産最新情報

2015/05/26 世界遺産

チェスキークルムロフの小さな美術館。エゴンシーレを見よう

チェコ旅行イメージ-チェスキークルムロフの小さな美術館。エゴンシーレを見よう チェスキークルムロフの小さな美術館。エゴンシーレを見よう

チェコ、南ボヘミア地方の小さな町チェスキークルムロフには、小さな美術館があります。ユネスコの世界遺産に登録された、可愛らしい街並みの中にまぎれているのですが、たいていいつもエゴシーレのポスターが貼ってあるので、すぐわかるでしょう。ここは、エゴンシーレ文化センターといい、主にエゴンシーレの作品を展示する美術館です。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


チェコの世界遺産「レドニツェ‐ヴァルチツェの文化的景観」についてご紹介します。レドニツェ‐ヴァルチツェの文化的景観の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。