世界遺産「クロムニェジーシュの庭園と宮殿(クロムニェジーシュ)」の詳細情報

チェコの世界遺産・名所ガイド

Gardens and Castle at-kromeriz

クロムニェジーシュの庭園と宮殿

名称:クロムニェジーシュの庭園と宮殿(チェコ
英語名称:Gardens and Castle at-kromeriz
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1998年

バロック様式の華麗な宮殿と庭園

チェコ東部のクロムニェジーシュは、バロック様式の建物が美しい景観を形成する歴史都市だ。世界遺産に登録されたのは15世紀に築かれた庭園と宮殿で、当初はゴシック様式だった。17〜18世紀にバロック様式に改築されたが、それはバロック様式の庭園と宮殿設計の発展に重要な役割を果たした。宮殿1階の部屋と洞窟でつながれた庭園には、ポンペイから取り寄せた彫刻で飾った半円形の柱廊や、フランス王朝スタイルの豪華な建造物が配置されている。また、一角を占める「快楽の庭園」は、迷路や噴水付きの洞窟などがあり、典型的なルネサンス庭園となっている。宮殿には、優れたヨーロッパ絵画を展示する画廊がある。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!チェコの世界遺産最新情報

2017/07/29 世界遺産

チェコの世界遺産、クロミェルジーシュの庭園群と城

チェコ旅行イメージ-庭園の中央に八角形のキオスクがあるフラワー・ガーデン 庭園の中央に八角形のキオスクがあるフラワー・ガーデン

チェコにこんな美しいバロック庭園があったのか、と驚く。ここはモラビア地方の町クロムニェジーシュ。立派な城があることで知られる町だ。クロムニェジーシュ城には館の脇に手入れの良い小規模な庭園があり、その後方には広大なイギリス庭園が広がっている。これらの庭園とは別に、城から少し離れたところにあるのがフラワー・ガーデンと呼ばれている、一般に”フランス式”と言われるバロック庭園だ。1998年に司教の館と城の庭園、そしてこのフラワー・ガーデンが世界遺産に登録された。登録名は「クロミェルジーシュの庭園群と城」であり、城より庭園が先になっているので庭園の方が際立っているのかもしれない。司教の館はマルクト広場の…続きを見る



「クロムニェジーシュ」を含むツアー一覧


最安料金万円

合算 33.99万円
旅行代金: 33.99万円
燃油:旅行代金に含まれています
9日間
成田発

チェコ ツアー

添乗員がご案内する (成田発)1つの国をじっくりめぐる 美しき珠玉の街々と絶景モラヴィアの丘 中世が薫るチェコ 10の世界遺産を訪ねて

ホテル:ホテル・デュオ・プラハ(プラハ)、クラリ…
航空会社:エールフランス航空 指定

日程表を見る

.../73km) 午後:クロムニェジーシュ観光 クロムニェジーシュではバロック...

旅行会社/ブランド:ルックJTB


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


チェコの世界遺産「クロムニェジーシュの庭園と宮殿」についてご紹介します。クロムニェジーシュの庭園と宮殿の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。