page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

プラハグルメガイド

プラハのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

肉料理のバリエーションが豊富なチェコ料理の、代表的な伝統料理には茹でた牛ヒレ肉を煮込んだシチュー「スヴィーチコヴァー」がある。レストランでは付け合わせに、日本の蒸しパンのようなクネドリーキが添えられることが多い。これはまたチェコではお祝いの席や結婚式の食卓に並ぶことが多いおめでたい一皿でもある。旅行中のランチにはスープ類もおすすめで、野菜や肉など具沢山のスープとパンで立派な食事になる。他にも豚肉の旨味が詰まったプラハハムなもはチェコビールとの相性もばっちり、グルメも満足の味だ。(2015年編集部調べ)


プラハのレストラン・屋台

プラハではミシュランの星付きの高級レストランから庶民的な店、ファストフードまで様々な選択肢がある。チェコに来たらぜひ行ってみたいのが「ホスポダ」と呼ばれているビアホール。伝統的な雰囲気で素朴な料理を食べながらチェコのビールを思う存分楽しめる。中でも旧市街近くにある「黄金の虎」というホスポダは、「プラハでいちばんおいしいビールが飲める」といわれておりで、地元客だけでなく世界中の観光客が訪れる、まさに名店中の名店だ。

プラハの水・お酒

水道水は飲料や料理にも利用できるが、マグネシウムやカルシウム分が多い硬水のため、人によってはお腹が緩くなることもある。旅行中はミネラルウォーターを飲む方が安心だ。町中のスーパーやキオスクなどで購入できる。チェコのお酒で一番人気はビール。生ビールを楽しむホスポダと呼ばれる居酒屋ではもちろん、町中で飲むことができる。「ビルスナー・ウルケル」や「コゼル」などの銘柄が人気だ。またチェコの温泉町カルロヴィ・ヴァリで作られている「ペヘロフカ」というスピリッツは、ハーブを配合した個性的な味わいでお土産にもいい。


現地ガイド発!プラハのグルメ・料理最新情報

2019/09/26 グルメ

ピルスナー・ウアクヴェルを飲むならウ・ピンカスーへ

プラハ旅行イメージ-店の前で立ち飲みをしているお客さんたち 店の前で立ち飲みをしているお客さんたち

プラハ市内を走る地下鉄A線とB線のムーステク駅。駅の直ぐ近くにユンググマノヴォ広場がある。プラハきっての繁華街ヴァーツラフ広場の喧噪から抜けてここに来るとホッとする静かな場所だ。用事が無くても通り抜けて行きたい小さな広場。そこに面しているのがビア・レストラン「ウ・ピンカスー」である。生粋のプラハっ子なら、ここを知らぬ者はなく、外国に居てもウ・ピンカスーを懐かしがるほどだ。最近は外国人観光客も増えて、レストランでは生ビールと共にチェコ料理を楽しむ人たちで賑わっている。常連は一階右手のパブで立ち飲みする人が多く、時々店の前に出てきて飲んでいる。そんな彼らは上機嫌で道行く人に「ねぇ、君も一杯どう?」…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


プラハグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるプラハの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
プラハのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!