page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
チェコ・プラハ・劇・ミュージカルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

天国のような街、プラハ!黄金に輝く国民劇場でバレエ鑑賞


掲載日:2007/11/16 テーマ:劇・ミュージカル 行き先: チェコ / プラハ

タグ: すごい! バレエ 美しい


芸術鑑賞派には天国のような街、プラハ

夜にひときわ映える黄金の屋根をもつ国民劇場は、チェコ国民の悲願の結晶 夜にひときわ映える黄金の屋根をもつ国民劇場は、チェコ国民の悲願の結晶

日本に比べて緯度が高いヨーロッパの冬は、夜が長くなります。寒い季節ですが、オペラやバレエ、クラシックコンサートなどを楽しむ絶好のシーズン到来!そしてここプラハはそれにふさわしい本格的な劇場、荘厳なコンサートホール、音響が素晴らしい小さな教会、街場の小さなジャズバーまで驚くほどたくさんの選択が可能。さらに嬉しいのは、日本では考えられないチケットの安さ。チェコで最も格式高い国民劇場の一番高い席でオペラやバレエを見たって、800コルナ(約4800円)なのですから。

チェコ国民の心の拠り所、国民劇場

幕間はロビーで優雅にシャンパンなどいかが? 服装は正装の人も多いけれど、ある程度きちんとした格好なら特に気にしないでも大丈夫 幕間はロビーで優雅にシャンパンなどいかが? 服装は正装の人も多いけれど、ある程度きちんとした格好なら特に気にしないでも大丈夫

今年でシーズン125年目を迎える国民劇場は、数ある劇場の中でもチェコ人にとって特別な場所。ハプスブルク家統治のドイツ語支配の中で、チェコ語で上演できる劇場建設は悲願でした。オーストリア・ハンガリー帝国の中で政治的独立に先駆けて、いわば文化的独立の象徴となったこの劇場、実はチェコ国民のカンパによって建てられたもの。1881年、記念すべきこけら落としをボヘミア王国起源の伝説がモチーフのスメタナ作「リブシェ」で迎えたのもつかの間、火事で全焼。2年後再度カンパを集めて完成させたという悲願の結晶なのです。

本格的オペラやバレエがなんと360円から!

劇場内部の様子。上階のギャラリー席からはオーケストラピットもよく見える 劇場内部の様子。上階のギャラリー席からはオーケストラピットもよく見える

チェコ人の思い入れたっぷりのこの劇場、その背景の歴史もさることながら、建物内外に3キロもの金が使われてるというゴージャスな劇場。夜プラハの街の少し高いところから見ると、屋根が黄金色に輝いていて、別名「黄金の礼拝堂」と言われる所以がわかるというもの。内部は舞台の前に一段下がったオーケストラピット、ロジェ席、美しいロビーホールも備えた欧州の本格的な劇場で、その素晴らしさは一見の価値あり。2階席ギャラリーなら、なんとたった60コルナ(約360円)でゆったり座って本格オペラが鑑賞できてしまうのです!

今年のクリスマスシーズンは『くるみ割り人形』がおすすめ!

最近私が見た『白鳥の湖』の舞台挨拶シーン。観客の拍手に応えて数回登場 最近私が見た『白鳥の湖』の舞台挨拶シーン。観客の拍手に応えて数回登場

「チェコ語によるチェコ人のための舞台を」がスローガンの国民劇場、オペラや演劇も素晴らしいのですが、いかんせんチェコ語というネックが。字幕が付くのでそれなりに楽しめますが、オススメは言葉の心配ないバレエ。オーケストラピットでの生演奏で聴ける音楽も嬉しいし、古典から現代まで幅広く質の高いプログラム。今シーズンはクリスマスの雰囲気たっぷりの『くるみ割り人形』が来年初めまで上演の予定。URLで予約がとれなくても、当日にボックスオフィスに直接行って見て取れる場合も。欧州の冬の醍醐味です。

【関連情報】

上演前後は劇場内探検を。ペトシーンの丘を望む夜のテラスもステキなので忘れずにチェック!  上演前後は劇場内探検を。ペトシーンの丘を望む夜のテラスもステキなので忘れずにチェック! 

■国民劇場(Narodni divadlo)
住所:Ostrovni 1, 112 30, Praha 1
アクセス:トラム停留所「Narodni divadlo」下車。ヴルタヴァ川沿い、カレル橋の一本南にあるレギイー橋のたもと、有名なカフェ・スラヴィアの向かいにあります。Box Officeは、隣にあるラテルナ・マギカ劇場との間を入り、国民劇場を右手に見て通りから見えない奥にあるガラス張りの建物内。
営業時間(Box Office):月〜金10:00〜18:00
URL:http://www.narodni-divadlo.cz

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/16)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索