page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
チェコ・プラハ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

犬好きチェコ人に混じってプラハのパノラマを楽しもう


掲載日:2008/01/22 テーマ:観光地・名所 行き先: チェコ / プラハ

タグ: 公園 動物 美しい


犬が大好きなチェコ人

近所のホスポダ(チェコの居酒屋)の看板犬シェパードは、入口も店内も見回る影の店長さながら 近所のホスポダ(チェコの居酒屋)の看板犬シェパードは、入口も店内も見回る影の店長さながら

住んでる人はもちろん、短い旅行でチェコを訪れてもすぐに気がつくのが、チェコには犬がやたらと多いということ。石畳の歩道を散歩してるだけでなく、トラムやバスにも当たり前のように乗っているし、スーパーマーケットの入口やお肉屋さんの入口、はたまた郵便局の前などにつながれて、じっとご主人様の買物をいい子に待っている犬たちもよく見かけます。日本ではあまり見ない種類の犬も多く、犬好きには観光もさることながら、犬ウォッチングが楽しいところ。

大事にされているチェコの犬たち

トラムの中でもしょっちゅう犬に出くわします。たいていみんな大人しく飼い主のそばに座っています トラムの中でもしょっちゅう犬に出くわします。たいていみんな大人しく飼い主のそばに座っています

チェコの犬を観察してみると、あまり無駄吠えしないし、つながれていないままお散歩していたり、長々と主人が飲んでるテーブルの下で我慢強く待っていたり、としつけが行き届いた犬が目立ちます。動物好きなチェコ人、とりわけ犬はかわいがっているようで、公園でもお店の前でもお散歩で通りかかる犬のためにお水が用意してあったり、カフェでもたいてい犬同伴ok。もちろん捨て犬もいるけれど、殺処分にはされず施設に収容されて、そこからもらわれていくケースも多いそう。クリスマス・プレゼントに子犬、というのもポピュラーです。

ただし落し物には要注意!

犬のフン用の袋はかわいいイラスト付き。地域によってデザインが違って楽しい 犬のフン用の袋はかわいいイラスト付き。地域によってデザインが違って楽しい

ただ気になるのは時に大胆な犬のフンの放置っぷり(笑)。景色や建物を眺めながら歩いていてうっかりヒドイ目に…なんてこともあるので、足元には十分気をつけて。もちろんプラハ市も定期的に通りを清掃するなど対策はとっているものの、なかなか追いつかず。近頃は無料でフン用の紙袋を街のあちこちに設置する試みも。この袋が区によってデザインが変わり、ユーモラスな犬のイラスト付きでなかなかにカワイイのです。なんたってタダだし、つい友達のプレゼント入れに使ってしまったコトも。

レトナー公園は犬も人間も大好き

レトナー公園からヴルタヴァ川、旧市街をのぞむ景色はどの季節でも素晴らしいパノラマ レトナー公園からヴルタヴァ川、旧市街をのぞむ景色はどの季節でも素晴らしいパノラマ

プラハの地図を広げて、およそ緑色に描かれている部分を歩けばたくさんの犬たちに会えますが、中でも旅行者に嬉しい見晴らしの素晴らしい公園がプラハ城からも程近いレトナー公園。旧市街からヴルタヴァ川を渡ってすぐ北にある高台のレトナーの丘にあるので、“百塔のプラハ”が手に取るように眺められるし、夜景もとっても素敵。オープンエアでビールが飲めるスペースがあって春から秋にかけては犬と一緒にビールを楽しむ人たちでいっぱい。寒い冬でもここからの景色を見るだけでもその価値は十分。中心から近いのにガイドブックにはあまり載っていない、プラハっ子もお気に入りの公園です。

【関連情報】

青空ホスポダ(外にテーブル席のある居酒屋)は犬同伴の人がホントにたくさん 青空ホスポダ(外にテーブル席のある居酒屋)は犬同伴の人がホントにたくさん

■レトナー公園(Letenske sady)へのアクセス
プラハ城の東、ヴルタヴァ川を挟んで旧市街やヨゼホフ(ユダヤ人地区)の向かいにある高台の公園。トラムNo.12,17番でCechuv most(チェフーフ・モスト)下車、階段でレトナーの丘を登るコース(徒歩約10分)と、トラムNo.1,8,15,25,26番でLetenske namesti(レテンスケー・ナームニェスティー)下車、レトナー公園(Letenske sady)まで歩くコース(徒歩約7分)。オープンエアのホスポダは公園の東端にあります。トラムを使わなくてもプラハ中心地区の地図で確認しながら行けば、旧市街からも徒歩圏内。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/01/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索