page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
チェコ・プラハ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

必見!プラハの現代建築の傑作、ダンシング・ビル


掲載日:2008/03/06 テーマ:観光地・名所 行き先: チェコ / プラハ

タグ: すごい! レストラン 建築 絶景


しなやかに踊るビル!

あまりの斬新さに、初めて見たときはそりゃぁ驚いたのなんの。いろんな角度から確かめずにはいられないビルです あまりの斬新さに、初めて見たときはそりゃぁ驚いたのなんの。いろんな角度から確かめずにはいられないビルです

中世の雰囲気残るプラハでは、築100年の建物でも“新しい”建物として分類されてしまうぐらい古都のイメージが強い街。でもなんのなんの、現代建築も素晴らしいのがあります。タイム誌で1996年の最優秀デザインプロジェクト賞に選ばれた、この踊るビル、チェコ語でタンチツィー・ドゥームは一度見たら忘れられない傑作。コンクリートとガラスでできていながら“ジンジャー&フレッド”という別名の通り、まるで帽子を載せたフレッド・アステアとしなやかにスカートを揺らすジンジャー・ロジャースの往年のダンスカップルが楽しげに踊っているかのようなビルなのです。

奇才フランク・ゲーリーのプロジェクト

奇抜ながらも、周りともなぜか調和しているところが素晴らしいのです 奇抜ながらも、周りともなぜか調和しているところが素晴らしいのです

去年日本でも公開されたドキュメンタリー映画「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」をご覧になった方なら、映画の中でこのダンシング・ビルが登場したのを覚えていらっしゃるかもしれません。建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を受けたこともあるゲーリー氏のドキュメンタリーを、友人であるシドニー・ポラック監督が撮ったこれまた傑作。スペインにあるビルバオ・グッゲンハイム美術館の曲線に満ちた建築やロスのディズニー・コンサートホールなど構造の常識を超えたデザインの建築を次々と作っている彼が、プラハのダンシングビルも手がけました。

ヴラド・ミルニッチ氏との共同プロジェクト

ヴルタヴァ川から見たダンシング・ビルとラシーノヴォ河岸通りの建物群 ヴルタヴァ川から見たダンシング・ビルとラシーノヴォ河岸通りの建物群

このビルの隣には、ハヴェル元大統領のアパートがありました。そこの改築を手がけたクロアチア系チェコ人建築家のミルニッチ氏が、当時現職大統領だったハヴェル氏の依頼を受けてゲーリー氏と協力したコラボレーションの結果がこのビル。ルツェルナ宮殿を手がけた有名な建築家がお祖父さんという血筋の元大統領だけあってか、建築に関して並々ならぬ関心を注いでいました。当初はそのあまりの斬新さに反対の声も大きかったそうですが、今ではプラハを訪れる人の必見ポイントなのはもちろん、プラハの人たちにも概ね愛されています。

中からも見たい人はビルの最上階へどうぞ

ビルの最上階にあるフレンチレストラン、ラ・ペルル・ド・プラーグでは、暖かい時期テラス席がオープン! ヴルタヴァ川、プラハ城が一望できる特等席は要予約 ビルの最上階にあるフレンチレストラン、ラ・ペルル・ド・プラーグでは、暖かい時期テラス席がオープン! ヴルタヴァ川、プラハ城が一望できる特等席は要予約

いったい中はどうなってるの…?と思われるでしょうが、意外にも普通のオフィスビルとして使われています。元々オーナーはオランダの保険会社で、正式名称はナショナル・ネーデルランデン・ビルと言います。なかなかセンス(勇気?)のある会社です。最上階にはフレンチ・レストランLa Perle de Pragueがあり、予算は1人1,500〜2,000kc(1万円前後)ぐらい見ておきたい高級レストランですが、窓際orテラス席を確保したなら、対岸のプラハ城、ペトシーンの丘の展望台までバッチリ見える素晴らしい景色を楽しめます

【関連情報】

■ダンシング・ビル(Tancici dum)
住所:Rasinovo nabrezi 80, Praha 2
アクセス:ヴルタヴァ川沿い、イラーセク橋すぐそば。最寄駅はトラム17番でJiraskovo namesti停留所。

■La Perle de Prague(最上階7Fにあるフレンチレストラン)
Tel:420-221-984-160 Fax:420-221-984-179
営業時間:月 19:00-22:30、火〜土 12:00-14:00,19:00-22:30、日曜定休
URL:http://www.laperle.cz
Email:info@laperle.cz

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/03/06)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索