page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
チェコ・プラハ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ネルドヴァ通りの手作りマリオネット屋さん


掲載日:2008/04/03 テーマ:ショッピング 行き先: チェコ / プラハ

タグ: お土産 かわいい ショッピング


チェコのマリオネットがほしい!

ネルドヴァ通りの由来となった、詩人ヤン・ネルダの家があったU Dvou Slunceの建物内にあるマリオネットショップ。入口にはBalihar氏のマリオネットがずらり ネルドヴァ通りの由来となった、詩人ヤン・ネルダの家があったU Dvou Slunceの建物内にあるマリオネットショップ。入口にはBalihar氏のマリオネットがずらり

チェコといえば、人形劇やパペットアニメが有名。せっかくチェコを訪れるからには、おみやげに本場のマリオネットがほしい、という方もいらっしゃるはず。プラハにはいくつかよいお店がありますが、そのうちのひとつ、ネルドヴァ通りにある手作りマリオネットショップを紹介します。ネルドヴァ通りのゆるやかな上り坂をプラハ城に近いところまでいった左手に、二つの太陽のレリーフがひときわ目立つ黄色い建物が見えてきます。ここはチェコの有名な詩人ヤン・ネルダが住んでいた家。現在1Fはレストラン、そのすぐ隣がマリオネットショップになっています。

チェコならではの楽しいキャラが勢揃い

緑色の肌に赤い洋服、と相場が決まっているチェコのかっぱ、ヴォドニーク。チェコの昔話にもよく登場します 緑色の肌に赤い洋服、と相場が決まっているチェコのかっぱ、ヴォドニーク。チェコの昔話にもよく登場します

日本でも人気のチェコの絵本には、昔からいろんなキャラが登場します。お姫様、王様、魔法使い、山姥っぽいおばあさん、様々な音楽家たち…そして日本の“かっぱ”にそっくりな“ヴォドニーク”というキャラがチェコにもいます。1人で沼に行くと、このヴォドニークが沼の底へと引きずり込むという、こわ〜い伝説の通り、不気味な緑色の体に真っ赤な洋服がお約束。他にもカシュパーレック、シュヴェイクといったチェコならではのヒーローたちの手作りマリオネットが一同に会し、まるで劇場の楽屋のよう。誰もいなくなった夜のお店では、みながおしゃべりしていそうなリアルな人形たち。

チェコ作家の一点ものをおみやげにするもよし

チェコのマリオネットで最も有名なキャラクターたち。スペイブル&フルヴィーネック親子とマーニチカも700kc前後で手に入ります チェコのマリオネットで最も有名なキャラクターたち。スペイブル&フルヴィーネック親子とマーニチカも700kc前後で手に入ります

このショップの魅力は幅広い品揃え。500kc(3000円)ぐらいから、2000kc代(12.000円〜)を中心に作家のオリジナルを買うことができます。その他、前世紀から使われているアンティークものも、並びの51番地のショップで扱っています。一つ一つ丁寧に作られたという人形に作家名が付けられていて、中でもBalihar氏の作る“Koule”シリーズは、お腹がぷっくりと膨れたなんともユーモラスな体型のマリオネットで思わず笑みが。人形達が身に着けている洋服もボタンやリボンに至るまでその芸の細かいこと!お気に入りキャラが見つかったら、ついつい連れて帰りたくなります。

民族衣装がかわいらしい人形たちも可愛い

地方の特徴がよく出ている衣装をまとった可憐な人形たち。左がモラヴィア地方の豊かなエリア、紺色の右は比較的貧しいエリアの洋服なんだとか。でもどちらも可愛い 地方の特徴がよく出ている衣装をまとった可憐な人形たち。左がモラヴィア地方の豊かなエリア、紺色の右は比較的貧しいエリアの洋服なんだとか。でもどちらも可愛い

47番地のショップでは、マリオネットの他にチェコのカラフルな民族衣装を着たかわいらしい人形も見逃せません。人形たちがまとった布やリボンの色使い、刺繍の模様などで、大体どの地方出身なのかわかるのだそう。輪ゴムを使った簡単なねじ巻きがついていて、軽く土台をひねるとくるくる廻る女の子の人形(260kc、約1500円)もいかにも素朴なチェコらしさがあって、おみやげにも喜ばれそう。ネルドヴァ通り散策の際はチェックしておきたいお店です。

【関連情報】

ネルドヴァ通り51番地にあるお店正面 ネルドヴァ通り51番地にあるお店正面

■ AMIマリオネットショップ
住所:Nerudova 47, 51, 110 00 Praha 1
電話:420-257-532-735,420-257-531-193
営業時間:月〜金 9:00〜18:00
URL:http://www.marionettes.cz

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/04/03)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索