page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
チェコ・プラハ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

現代の錬金術師? お城の鍛冶屋さんのユニーク土産


掲載日:2008/06/11 テーマ:ショッピング 行き先: チェコ / プラハ

タグ: お土産 かわいい ショッピング


プラハ城のミニ・ショッピングストリート、黄金小路

いつも観光客でごった返す黄金小路。22番の青い家はフランツ・カフカが一時期執筆場所に使っていた家 いつも観光客でごった返す黄金小路。22番の青い家はフランツ・カフカが一時期執筆場所に使っていた家

プラハ城は広い敷地にいくつかの教会や宮殿などが集まっているエリア。中でも聖ヴィート大聖堂、旧王宮と黄金小路は外せないスポット。敷地内にはレストランやお土産屋さんが点在していますが、絵本の中のように可愛くてカラフルな家々が並んだ黄金小路は、16世紀の昔、ルドルフ2世という王様がいた時代に錬金術師たちが住んでいたという伝説の通り。その家々がそっくりお土産屋さんになっていて、頭をぶつけないようにかがんで入るような小さくて可愛らしいお店にはカワイイものがいっぱい。ついつい長居してしまいます。

プラハならではの珍しいお土産をお探しなら…

「おもちゃの博物館」の真ん前にいつも出ている鍛冶屋さん。小さい屋台ながら足踏み式の“たたら”と金床もある本格派 「おもちゃの博物館」の真ん前にいつも出ている鍛冶屋さん。小さい屋台ながら足踏み式の“たたら”と金床もある本格派

黄金小路は人形アニメで有名なイジー・トルンカもその保存に一役買ってる本当に絵になる通り。朝早く訪れるとさほど混まずに絵本の世界に浸れます。2F部分は全部つながっていて、中世からの鎧や剣、ドレスなどのコレクションがずらり。中世の雰囲気にもっと浸りたい方は、黄金小路の南にある「おもちゃの博物館」前に毎日出ている鍛冶屋さんの屋台も要チェック。なんとその場で足踏みミシンのような伝統的“たたら”を使って火を起こし、隣の金床で形を整えた様々な作品を売っています。

中世へタイムトリップ

手作りなので、ひとつひとつ音が違うのが味。教会の鐘の音のよう 手作りなので、ひとつひとつ音が違うのが味。教会の鐘の音のよう

黄金小路の名前の由来がそこに住んだという錬金術師だと伝説では言われていますが、実際にはお城を守る兵士たちや召使たちが住んでいたのではないかと考えられています。当時プラハを治めていたハプスブルク家のルドルフ2世という王様はかなりの変わり者だったそうで、神聖ローマ帝国の中心であるはずのウィーンよりもプラハを気に入り、プラハ城で過ごすことを選びました。錬金術などのオカルト的なものから科学や芸術まで貪欲な興味を示した王様で、その治世にケプラーやブラーヘといった天文学者や芸術家たちがヨーロッパ中から集められ、プラハは活気に溢れた街となりました。

現代の錬金術師? 

ここで売ってる栓抜きは他ではちょっと手に入らないデザイン。面白いおみやげになりそう。ユーロ支払いも可 ここで売ってる栓抜きは他ではちょっと手に入らないデザイン。面白いおみやげになりそう。ユーロ支払いも可

かつて怪しげな煙を発していたかもしれない錬金術師たちは伝説の中にいつのまにか姿を消し、21世紀の現在の黄金小路は、いつでも観光客でごった返している賑やかな通りになりました。それでもプラハ城で鍛冶屋さんの炎とカンカンという音を聞いていると、中世に迷い込んだような気分にさせられます。もしかしたらお城のどこかで、不老不死の秘薬を飲んだルドルフ皇帝が今でもどこかでこっそりあなたを見ているかもしれません!

【関連情報】

幸せを呼ぶという言い伝えの馬蹄型お守り。田舎の伝統的な家の敷居などでも見かける 幸せを呼ぶという言い伝えの馬蹄型お守り。田舎の伝統的な家の敷居などでも見かける

■プラハ城黄金小路(Zlata ulicka)
営業時間(プラハ城の見学時間に準ずる):4〜10月 9:00-18:00 (無休)、11〜3月 9:00-16:00 (無休)
入場料:Bチケット(旧王宮、黄金小路、ダリボルカ含む)250kc またはCチケット(黄金小路、ダリボルカ)50kc (学生・子供は約半額)
URL:http://www.hrad.cz
チケット料金の詳細などはhttp://www.praha-hrad.cz/prices/japanese.pdfを参照。
■プラハ城の鍛冶屋さんへのアクセス
城内ロブコヴィッツ宮殿前のJirska通りから「おもちゃの博物館」(Muzeum Hracek)方面へ入ったすぐ脇。
営業時間:月〜日 10:00ー16:00(冬季は休業)                            

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/11)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索