page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
チェコ・プラハ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

プラハのVIP御用達! ルヴィー・ドゥヴールで名物・子豚のローストに舌鼓


掲載日:2008/07/18 テーマ:グルメ 行き先: チェコ / プラハ

タグ: おいしい グルメ レストラン 肉料理 名物


プラハ城北門からすぐの有名レストラン

ここの名物、子豚のロースト。皮までパリパリ、付け合わせのポテトチップスもここだけの自家製 ここの名物、子豚のロースト。皮までパリパリ、付け合わせのポテトチップスもここだけの自家製

どこの街にもVIPが好きなレストランというものがありますが、プラハ城北門からすぐの一軒家レストラン「ルヴィー・ドゥヴール」も、まさにそんなひとつ。もちろんプラハで最も観光客を集めるプラハ城のすぐそばという立地から、観光客も多いのですが、名物・子豚のローストをはじめ幅広いメニュー、その安定して美味しい味、落ち着いたインテリアと夏のテラスがいい雰囲気なので地元の人たちにも人気のレストランです。店内には来店したチェコ内外の有名人の写真やサインがいっぱい。

起源はルネサンス時代にさかのぼる? 名物・子豚のロースト

時々店内でも見かける子豚の丸焼き。チェコではよくある光景です 時々店内でも見かける子豚の丸焼き。チェコではよくある光景です

さて、ここの名物は17世紀初めにプラハを訪れた仏人紀行家の書物にも登場したという豚の丸焼き。といってもちゃんと食べやすいサイズに切り分けてくれるからご安心を(300g、590kc/約4000円から)。豚は捨てるとこがないと言われますが、一番外側の皮って食べられないものと思っていました。最初はおそるおそる、という感じでしたが、パリパリしていて案外美味。白ワインを使ったいい香りの特製スパイシーソースでいただきます。付け合わせのクリスピーな自家製じゃがいもチップスもクセになる美味しさ。ビールはもちろん、ワインと合わせても良さそうです。

おすすめは聖ヴィート教会も見える2Fのテラス席

やっぱり夏はテラスでビールが最高! ここの銘柄はクルショヴィツェ やっぱり夏はテラスでビールが最高! ここの銘柄はクルショヴィツェ

ところでこの店名、ルヴィー・ドゥヴール(Lvi dvur)とは、チェコ語で「ライオンの中庭」を意味します。由来は16世紀にまで遡り、当時チェコを含むボヘミア、ハンガリーの王、そして神聖ローマ帝国の皇帝でもあったルドルフ2世が集めた猛獣・珍獣を飼っていた場所だったから。好奇心旺盛なこの皇帝、プラハ城の庭の一角だったこの場所にライオンの他に虎や熊、オウム他珍しい動物を多数所有していたのだそう。山小屋風の一軒家のインテリアは落ち着いた雰囲気、個室も可愛らしいですが、夏は聖ヴィート教会も見える緑に囲まれた2Fのテラス席がオススメ

子豚の他にも美味しいものがいっぱい!

デザートは別腹! 甘すぎないティラミスなら大丈夫? デザートは別腹! 甘すぎないティラミスなら大丈夫?

2Fのテラス席は食事をする人優先ですが、子豚はちょっと…という方にも朗報。日替わりメニューの魚介類もいいし、いつ行ってもひと工夫あるグルメメニューが揃っているから安心。ここで供されるクルショヴィツェ・ビールを使ったチェコ料理の定番グヤーシュもいいし、パスタ類なども充実。デザートも丁寧な手作りの優しい味で、こってり料理の後もついオーダー。フルコースなら庶民的なビア・ホールの3倍ぐらいの予算は見積もっておくべき高級レストランの部類に入りますが、気取らずグルメを楽しむチェコのVIPの気分で、ちょっと優雅なお食事タイムを満喫してみてはいかが。

【関連情報】

トラム停留所「Prazske hrad」から見たLvi dvurの外観。すぐ後ろはプラハ城でひときわ目立つ聖ヴィート教会 トラム停留所「Prazske hrad」から見たLvi dvurの外観。すぐ後ろはプラハ城でひときわ目立つ聖ヴィート教会

レストラン ルヴィー・ドゥヴール(Restaurant Lvi dvur)
住所:U Prasneho mostu 6/51,Prague Castle
電話:420-224-372-361
営業時間:月〜日11:00〜24:00
E-mail:lvidvur@lvidvur.cz
予算:1人1000kc〜(約6500円)
URL:http://www.lvidvur.cz
アクセス:プラハ城北門からすぐ。トラム22または23番「Prazsky hrad」下車、目の前。                        

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索