page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
チェコ・プラハ・お酒・バーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

伝統的ビールだけじゃない、プラハの本格ビアホール「ウ・メドゥヴィートゥク」


掲載日:2008/08/05 テーマ:お酒・バー 行き先: チェコ / プラハ

タグ: おいしい バー・パブ ビール


座席数が多くて予約なしでも入りやすい

デザートまでビール? 意外とイケる、ビールアイス60kc(約420円) デザートまでビール? 意外とイケる、ビールアイス60kc(約420円)

ビールは国民的飲み物と断言していいチェコ。プラハの街を歩くと、観光エリアじゃない住宅街でも極端な話ワンブロックに1軒あるのでは?というぐらい大小さまざまなビアホールが存在しています。常連さんしか来ない昔からのビアホール、というのもいいけれど、ワイワイがやがや、気取らず広くて予約なしで入れることが多いお店は知っておいて損はなし。国民劇場などがあるエリアから程近い“熊ちゃん”という名のビアホール、U Medvidkuがちょうどそんなお店。いつも観光客で溢れているのに、同時にいつも地元の人もいて、店の広さだけじゃなく、お客のストライクゾーンも広いお店。

オリジナル・ビールも作ってます

団体客が何人来ようが、もくもくと手慣れたサーバーさばき。サーバーの上には店名の熊ちゃん(チェコ語でMedvidek)のオブジェが 団体客が何人来ようが、もくもくと手慣れたサーバーさばき。サーバーの上には店名の熊ちゃん(チェコ語でMedvidek)のオブジェが

店内は素朴な木のテーブルと椅子の、いかにもなビアホールなのですが、ビールをとことん楽しめるところなんです。定番のBudvar(ブドヴァル)は半リットル250円しないでラガーと黒が飲めるし、300mlの小ビールなら140円。ここのオリジナルビールの“Oldgott”はラガーと黒の中間ぐらいの琥珀色をした味わい深いビールでおすすめ(48kc、約350円)。このビールから作られたオリジナル・ビール・アイス、正確にはシャーベットに近いけれど、さっぱりしていて美味。量が多いので話のタネに何人かとひとつをつついてみるのもよさそう。

ボリュームたっぷりで豊富な食事メニュー

有名なプラハハム。お好みでピリっと味がひきしまるホースラディッシュ(西洋わさび)やマスタードを添えて 有名なプラハハム。お好みでピリっと味がひきしまるホースラディッシュ(西洋わさび)やマスタードを添えて

チェコ人の多くは、つまみもとらずに延々とビールだけ飲む人が多かったりしますが、ここはチェコならではの食事メニューもバッチリ揃っているので、是非トライ。定番のおすすめはプラハハム。西洋わさびやマスタードをアクセントに、本場の新鮮なハムとビールはよく合います。サラダだけ、スープだけ、という小食さんから、デッカイ骨付き肉や鴨のローストを食べたいという大食漢も困らない豊富なメニューが揃っています。一皿のボリュームがあるので、お腹と相談してオーダーを。

アルコール度12.6%のチェコ最強ビールもある!

かなりのボリュームのスペアリブ、ビールとよくあう! 豪快にかぶりつきでどうぞ かなりのボリュームのスペアリブ、ビールとよくあう! 豪快にかぶりつきでどうぞ

プラハで飲めるビールでメジャーなところといえばピルスナー・ウルケルやスタロプラメン、クルショヴィツェなどがあって、飲み比べてみるのが楽しいのですが、ここで飲めるブドヴァルは、上記のビールがことごとく外国企業の所有になっている昨今、まだチェコ国営の会社として頑張っている貴重な銘柄。そのほか、ワイン?っていうぐらいアルコール度の高いX-Beerもここで味わえます。Budvarグッズやチェコ産の様々な瓶ビールもおみやげに買えるのでビールファンは要チェック。プラハでビールを飲み倒そうという方は、午前3時まで開いてる隣のBarへもどうぞ。

【関連情報】

チェコ最強アルコール度数を誇るX-beerはビアホール付属のショップでも買えます(1本111kc=約800円) チェコ最強アルコール度数を誇るX-beerはビアホール付属のショップでも買えます(1本111kc=約800円)

■ U Medvidku (ウ・メドゥヴィートゥク)
住所:Na Perstyne 7, 100 01 Praha1
アクセス:地下鉄B線Narodni trida駅、もしくはトラム6,9,18,22,23番同名停留所下車徒歩3分
電話:420-224-211-916
営業時間:月〜日 11:30〜23:00(隣接のBarは午前3時まで営業)
URL:http://www.umedvidku.cz

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/08/05)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索