page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
チェコ・プラハ・お酒・バーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

飲兵衛見逃すべからず! 秋限定の美味なる飲物、ブルチャーク


掲載日:2008/08/22 テーマ:お酒・バー 行き先: チェコ / プラハ

タグ: おいしい バー・パブ 秋にオススメ 地酒


秋にチェコを訪れたなら、ブルチャークを試さずに帰ることなかれ

ヴァーツラフ広場を国立博物館に向かって右側にあるSenk Vrbovecは、小さいお店ながらいつもお客さんで一杯 ヴァーツラフ広場を国立博物館に向かって右側にあるSenk Vrbovecは、小さいお店ながらいつもお客さんで一杯

夏の終わりから11月ぐらいにかけて、毎年チェコ人が心待ちにしている飲物があります。ブルチャークと呼ばれるそのベージュ色をした飲物、外見はあまり美味しそうには見えませんが、一口飲めばその不思議な美味しさに魅了されること間違いなし! まるでぶどうジュースのように飲みやすいのに、かすかな炭酸とぶどうの芳醇な香りがちょっと大人の味で、私は初めて口にしたときから大好きになりました。アルコールももちろん含んでいますが、ワインやお酒が苦手な人にも楽しみにしているファンがいる飲物です。

ワインになる手前の、生きた飲物

ブルチャークの白。といってもベージュに近い色あい。かすかな炭酸が口当たりよく、ジュースのように飲みやすい ブルチャークの白。といってもベージュに近い色あい。かすかな炭酸が口当たりよく、ジュースのように飲みやすい

このブルチャーク、いったい何者かというと、ワインになる途中過程の飲物と言えるでしょうか。圧搾されたぶどう果汁が酵母によって発酵している途中の状態を飲むわけです。だからお店に運ばれている時点でも発酵が進んでいて、瓶詰めなどにしたまま日にちを置くと、そのうち爆発(笑)しかねないので、海外まで、特に遠い日本まで出回ることは稀。昔は本当にワイン農家の周囲のみで楽しまれていた、いわば非売品の飲物だったのです。ワイン農家が多いモラヴィア地方(おおざっぱにいってチェコの地図の右半分の地方)では、秋のお祭りなどで新鮮なブルチャークが登場します。

美味しいうえに、ビタミン豊富

お店の外観。新市街の中心的広場、ヴァーツラフ広場はプラハで最も人通りが激しいエリアのひとつ お店の外観。新市街の中心的広場、ヴァーツラフ広場はプラハで最も人通りが激しいエリアのひとつ

モラヴィア地方へ行かずとも、プラハでもヴィナールナ(vinarna)と呼ばれるワイン居酒屋さんを中心にブルチャークが飲めるところが増えてきました。お店の外にある看板に、“burcak”という文字が読めたら是非一杯試してみて。ドイツ(かの地ではフェーダー・ヴァイザーと呼ばれるようです)やオーストリア、スイスなどの近隣諸国でも似たようなワインがあるようですが、まだユーロ圏じゃないチェコは驚くほど安く飲めます!! しかも髪や肌にいいビタミンB群が豊富で健康にもいいと嬉しいことづくめ。でも口当たりのよさについ飲みすぎ…ってなことになりませんように。

繁華街のど真ん中、ヴァーツラフ広場でも飲める

白より珍しい赤のブルチャークも負けず劣らず美味しい。色は普通の赤ワインより少し白みがかっています 白より珍しい赤のブルチャークも負けず劣らず美味しい。色は普通の赤ワインより少し白みがかっています

ブルチャークは刻一刻と発酵がすすんでいる生きたワインなので、どれを飲んでも同じ味にめぐり合わないのもまた面白いところ。お土産にもできないので、ここぞとばかりに飲んでおきましょう(笑)。観光客も多いヴァーツラフ広場にあるSENK VRBOVECというお店は、便利ですぐわかる場所にあるけれど小さくていつもお客さんでごったがえしていますが、さっと一杯ひっかけるのには最適なお店。ブルチャークの赤も白もグラス一杯24kc(2007年時)という安さ(約170円)で、日本では味わえない世にも美味なるお酒を是非とも試してみてくださいね。

【関連情報】

この時期はあちこちで店先に見かける“burcak”と書かれた看板。これがあればブルチャークが飲めるお店、ということ この時期はあちこちで店先に見かける“burcak”と書かれた看板。これがあればブルチャークが飲めるお店、ということ

■ SENK VRBOVEC(シェンク・ヴルボヴェツ)
住所:Vaclavske namesti 10, 110 00 Praha1
アクセス:地下鉄AまたはB線Mustek駅、もしくはトラム3,9,14,24番Vaclavske namesti(ヴァーツラフスケー・ナームニェスティー)停留所下車
電話:420-224-227-359 営業時間:月〜土10:30〜23:00、日14:00〜23:00

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/08/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索