page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
チェコ・プラハ・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

1916年創業の歴史あるデリカテッセン「Jan Paukert」で美味しいひと時を


掲載日:2009/03/23 テーマ:歴史 行き先: チェコ / プラハ

タグ: おいしい カフェ スイーツ


チェコのオープンサンド「フレビーチェク」の元祖

チェコのオープンサンド「フレビーチェク」はひとつ100〜200円ぐらいの手頃な価格。お持ち帰りもよし、奥のカフェスペースでいただいてもよし チェコのオープンサンド「フレビーチェク」はひとつ100〜200円ぐらいの手頃な価格。お持ち帰りもよし、奥のカフェスペースでいただいてもよし

チェコのパン屋さんやデリカテッセンをのぞくと、ショーケースに必ずといっていいほど並んでいるのが「フレビーチェク」と呼ばれるオープンサンド。コーヒーとともにカフェでいただいたり、小腹がすいたときにオフィスで、学校でおやつにしたり、見た目がきれいなので、クリスマスの訪問客のためのおもてなしとしても定番、誕生会や送別会など様々なパーティーでも頻繁に登場します。これをチェコで初めて“考案”したといわれているのが、1916年創業のプラハの歴史あるデリカテッセン、Jan Paukertというお店。昨秋鳴り物入りでリニューアルオープンし、話題になりました。

古きよき第一共和国時代の味を受け継ぐ

甘いもの系も充実。コラーチと呼ばれる季節のくだものを使った素朴なパン菓子はチェコ・スイーツの代表的存在 甘いもの系も充実。コラーチと呼ばれる季節のくだものを使った素朴なパン菓子はチェコ・スイーツの代表的存在

1989年にチェコが民主化されてから20年。共産党政権時代に国有化されてしまった多くの企業やお店が元の持ち主に戻され、一段落した昨今、チェコの古きよき時代“第一共和国時代”にスポットが当たることが多くなりました。第一共和国時代とは、中欧に大きい帝国を形成していたオーストリア=ハンガリー二重帝国からチェコスロヴァキアとして1918年独立し、ナチス・ドイツの保護領下に組み込まれてしまうまでの時代。1916年創業のこのお店は、初代マサリク大統領はじめ、当時のセレブに愛されたデリカテッセン。リニューアル後もこの時代のレシピを生かす努力をしているそう。

ナーロドニー・トシーダという特別な場所

昨年(2008年)秋のオープン時はチェコのセレブ、マスコミが大勢駆けつけ、テレビ・ニュースでも話題に 昨年(2008年)秋のオープン時はチェコのセレブ、マスコミが大勢駆けつけ、テレビ・ニュースでも話題に

第一共和国というのはチェコ人にとってとても重要な意味があるように思います。というのも、それまでのドイツ語公用語から独立後のチェコ語時代へ、いわばチェコ人が主役になった時代だからです。ナチス・ドイツ時代で再びドイツ化され、第二次世界大戦後は共産化、と暗い時代を耐えたチェコ、この時代に思いいれが深いのも理解できます。このデリカテッセンがある通りはナーロドニー・トシーダ、その名も国民大通り、といい、プラハの中でもチェコ人の中心的エリアでした。すぐ近くにはチェコ語でチェコ人のためのオペラを、という目的で建設された国民劇場があります。

チェコ料理も気軽に試せます

カフェスペースでは、カフェテリア方式で4種類から選べる日替わりランチがいただける カフェスペースでは、カフェテリア方式で4種類から選べる日替わりランチがいただける

そんなわけで、チェコらしい「美味しいもの」にこだわったお店ではありますが、自慢のワインコレクションは欧州中から、フランスチーズやイタリアのハムなども取り入れ、現代にもマッチするように工夫しているのだとか。奥のスペースはカフェテリア方式のレストランになっているので、お1人様でも短時間で気兼ねなくチェコ料理がいただけます。毎日2種類のスープ、4種類のメニューから選べ、価格帯は千円もあればチェコビールも飲めてお腹一杯!(1kc=約4円として。2009年2月現在) ランチ時は地元のチェコ人たちで混雑するので、食事時間をずらして訪れるのがおすすめです。

【関連情報】

白地に金の看板が目印。国民劇場からもすぐ 白地に金の看板が目印。国民劇場からもすぐ

■デリカテッセンJan Paukert(Lahudkarstvi Jan Paukert)
住所:Narodni trida 17, Praha 1
アクセス:地下鉄B線Narodni trida駅徒歩約3分
営業時間:月〜金 8:00〜20:00、土日 10:00〜20:00
URL:http://www.janpaukert.cz

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/03/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索