page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
チェコ・プラハ・船・クルーズの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ヴルタヴァ川船上クルーズの雄、Jazz Boatで音楽も夜景も満喫


掲載日:2010/08/13 テーマ:船・クルーズ 行き先: チェコ / プラハ

タグ: クルーズ 素晴らしい 夜景


プラハの美しさを堪能できる2時間半

カレル橋は歩いて渡るのもいいけれど、目の前にせまる見事なゴシック建築のよさがよくわかる船上からの眺めは格別。 カレル橋は歩いて渡るのもいいけれど、目の前にせまる見事なゴシック建築のよさがよくわかる船上からの眺めは格別。

観光地といえばクルーズ、旅慣れた方にはあまりにベタな選択かもしれませんが、在住者の私でもプラハに限っては全種類の船に乗りたい!と思うほど魅力的なヴルタヴァ川のクルーズ。どうしてってプラハ城はじめ、橋や鉄橋、中州の島たち、河岸の建物が美しいから。これに尽きます。ヴルタヴァ川は夏は特にいろんな種類の観光船で混んでいるけれど、優雅な気分に浸れるのはJazzバンドが船上で生演奏してくれるジャズ・ボート。2Fのオープンデッキは夏のみですが、1年中ほぼ毎晩運航しています。

音楽も手を抜かず!プラハのJazzシーンで活躍するミュージシャン勢揃い

バンドは日替わりでプラハのJazzシーンを代表する面々が登場。Jazzと言ってもヴォーカルが入るもの、ブルースやラテン、フュージョンバンド、オリジナルナンバーを演奏するバンドなどバラエティ豊か。 バンドは日替わりでプラハのJazzシーンを代表する面々が登場。Jazzと言ってもヴォーカルが入るもの、ブルースやラテン、フュージョンバンド、オリジナルナンバーを演奏するバンドなどバラエティ豊か。

旧市街広場から北へのびるパリ通りがヴルタヴァ川にぶつかるチェフ橋たもとより20時半出航。南の上流へと進み、カレル橋、プラハ城、国民劇場、ダンシングビル、ヴィシェフラットと歩きの観光にも負けない盛りだくさんな名所を川からならではのアングルで楽しめます。1Fデッキの中央にバンドが入り、ライヴを聴きながらゆったりお酒やお食事もアラカルトでいただけて、なんとも欲張りなクルーズなのです。だから2時間半があっという間。

夕日と夜景にうっとり

夏季は明るいうちに出航、暮れなずむ夕日、そして夜景とヴルタヴァ河岸の素晴らしい建物や橋を様々な表情でたっぷり楽しめる。 夏季は明るいうちに出航、暮れなずむ夕日、そして夜景とヴルタヴァ河岸の素晴らしい建物や橋を様々な表情でたっぷり楽しめる。

景色を最優先するなら夏季のみのオープンデッキ(喫煙可)のセカンドデッキの端っこが狙い目。ただし生演奏は階下でやっているので音楽を堪能したい向きは室内のファーストデッキがベター。ワインもデザートもあって普通のレストラン並みのメニューが楽しめる船内ですが、景色と音楽がご馳走なので食べるのに時間をかけるのはもったいない気がします。おつまみ程度にしておいて、シャッターチャンスに集中できるように万全を期したいところ。何と言ってもハイライトは夕日が落ちてから。個性的な建物たちと幻想的な橙色の光が川面にゆらめくプラハの素晴らしさは忘れがたいシーンになることでしょう

■関連情報■

階下のファーストデッキの様子。窓が大きく食事をしながら景色を楽しめる。しっかり音楽を聴きたい派はこちらのフロアがおすすめ。 階下のファーストデッキの様子。窓が大きく食事をしながら景色を楽しめる。しっかり音楽を聴きたい派はこちらのフロアがおすすめ。

◇Jazz Boat◇
乗船場所:チェフ橋たもとのドヴォジャーク河岸通り(Dvorakovo nabrezi)
アクセス:地下鉄A線Staromestska下車徒歩10分あるいは
トラム17番Pravnicka fakulta停留所下車徒歩1分
運航日:12月24日、31日のぞいて年中無休
時間:20:00乗船開始、20:30出航〜23:00(2時間半)
TEL:420-731-183-180
URL:http://www.jazzboat.cz
乗船料:大人590コルナ(窓側の一部プレミア席は690コルナ、学生300コルナ)
※乗船+ミュージックチャージ代〔飲食代はこれに含まれない〕
チケット購入方法:URLからクレジットカード(Visa/Master/Amex)支払い、
大きなホテル、観光案内所などでも購入可。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/08/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索