page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
チェコ・プラハ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

プラハで見つけたアンティークなレストラン、ウ・モドゥレー・カフニチキィ 2


掲載日:2018/09/19 テーマ:グルメ 行き先: チェコ / プラハ

タグ: おいしい 肉料理 美しい


まずは美しい旧市街を散策しよう

入ると直ぐにシンボルの鴨が飾られているウ・モドゥレー・カフニチキィ 2 入ると直ぐにシンボルの鴨が飾られているウ・モドゥレー・カフニチキィ 2

プラハは中世と近世が入り混じった街だ。ヨーロッパには、部分的に中世や近世の家並が保存されている街がたくさんあるけれど、大都市でありながら街全体が中世、あるいは近世そのもの、というのは極めて少ない。プラハは少ないその街の一つ。旧市街を歩いていると、修復されながら何百年も保存されてきた歴史的な館をたくさん鑑賞することができる。とりわけ旧市街広場の南側が観光客にとって特に興味深い。起点となるのは、幅の広いハヴェルスカー通り。道に屋台が出て細長いハヴェルスカー市場になっている。平日は土産物店が並んでいるので冷やかしながら歩いてウヘルニー・トル広場へ。この近くのフソヴァ通りやイルスカー通りは趣のある特別な散歩道だ。ウヘルニー・トルを右へ曲がるとアンティークショップなどがあるミハルスカー通りに出る。

アンティークに徹した素敵なインテリア

皮はパリパリ、身はジューシーな鴨、付け合わせはアレンジされたクネドリーキ 皮はパリパリ、身はジューシーな鴨、付け合わせはアレンジされたクネドリーキ

立ち並ぶ古めかしい館を鑑賞しながらミハルスカー通りを歩いていると、一階のファサードがブルーに塗られたレストランがあった。昼時だったが、裏通りなので店も混んでいないだろう、と入ってみる。中に入って驚いた。外観とは打って変わって非常にクラシックな雰囲気!あちらこちらに所狭しと飾られた小物はどれもアンティークな物ばかり。無造作に置かれているが、どこもサマになっている。店は間口が狭いが奥に細長く続いており、奥まった暗いコーナーにはレトロな照明が灯されていた。そこの壁には、グリム童話の『七人のシュヴァーベン』など、本の挿絵やポスターのような絵が無造作に飾られている。このアットランダム加減がいい。裏道のレストランなので目立たないのであろう、客は他に2組いるだけだった。

鴨料理が自慢の専門レストラン

入口に近いテーブル席は自然の光と照明が混ざり合い、落ち着いた雰囲気が 入口に近いテーブル席は自然の光と照明が混ざり合い、落ち着いた雰囲気が

メニューには鴨料理が何種類も載っている。店名のモドゥレー・カフニチキィとは青い鴨、という意味。入口近くには木彫りの鴨が飾られている。クネドリーキという、チェコ料理定番付け合わせの鴨料理を注文した。先に来ていた隣のテーブルの若い男性二人は、クロケット付きの鴨料理を食べていた。中国から来た二人で、休暇を取ってチェコとドイツを旅行中。この店のことはトリップアドヴァイザーで評判が良いので来てみた、とのこと。遅ればせながらチェックしてみると、確かに評判が良く、ほとんど4.5(5点満点)の評価が出ている。そうこうするうちに注文した鴨料理が運ばれてきた。クネドリーキはロール状で中にベーコンが入っている。生地にベーコンを敷いて茹でるのであろう、なかなか凝っている。

気軽に入れる旧市街の二号店がお薦め

奥のコーナーにはしっとり落ち着いたムードが漂う 奥のコーナーにはしっとり落ち着いたムードが漂う

鴨はプラハの名物で、どこのレストランでも味わえるが、なかなか美味しい店がない。ボリュームがあって見栄えはするが味はイマイチ。この店の鴨は大きさも程よく柔らかく、ソースが良い味で大変美味しかった。飲み物はチェコ産モラヴィアワイン。もちろん、フランスやドイツのワインもある。夜はお酒を飲みに来る人が多いらしく、アルコールの種類がとても多い。この店、実はマラー・ストラナにある鴨料理の店と同じ経営で、名前も同じ。旧市街のこちらの店の方が新しいのでウ・モドゥレー・カフニチキィ2、と二号店になっている。マラー・ストラナの方は小泉元首相も現役時代に訪れたという高級レストランで、料理は少し異なる。二号店はクオリティーが良い割には値段も手頃で気軽に利用しやすい。プラハで鴨料理を食べるなら、是非、ここで。

データ

お酒が好きな人には、こんな特別席もある お酒が好きな人には、こんな特別席もある

ウ・モドレー・カフニチキィ 2
U Modre Kachnicky 2
住所:Michalska 16, 110 00 Prague 1
電話:+420 224 213 418, +420 224 234 494
開店時間:11:30〜23:30
休み:年中無休
予算:30〜50ユーロ
retro@umodrekachnicky.cz
http://www.umodrekachnicky.cz/en/michalska

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/09/19)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索