page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
チェコ・プラハ・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

マラー・ストラナ最高の眺めが得られる宮殿カフェ


掲載日:2019/07/20 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: チェコ / プラハ

タグ: おいしい 宮殿 絶景 歴史


プラハで最初に開けたマラー・ストラナ

ロプコヴィッツ宮殿カフェのテラスから眺めるマラー・ストラナ ロプコヴィッツ宮殿カフェのテラスから眺めるマラー・ストラナ

プラハはヴルタヴァ川によって二分されており、東岸に旧市街がある。プラハの旧市街は12世紀頃に建設されており、新市街でさえ14世紀頃に建設されたという大変古い都市である。過去の2つの世界大戦ではほとんど被害を受けていないので、どこを歩いても中世を感じる。そしてヴルタヴァ川西岸は9世紀頃に集落ができたという、古い地区だ。城の丘とストラホフ修道院の丘に挟まれ、城下町として発展したマラー・ストラナはどちらの丘から眺めても美しく、この上ない風情を感じる。プラハ城から眺めるとマラー・ストラナは真下に広がっている。城の東門の前にある見晴台にはいつも観光客が佇み、写真を撮っている。混雑して順番待ちが出るほどのビューポイントだ。

マラー・ストラナを眼下に眺めるカフェのテラス

日当たりの良いカフェのテラスは心地よく、眺めは抜群 日当たりの良いカフェのテラスは心地よく、眺めは抜群

東門前から眺めるのも良いが、座ってお茶でも飲みながらじっくり絶景を楽しむことができたらどんなに良いだろう。そんな願いの叶うカフェがある。プラハ城東門より内側にあるロプコヴィッツ宮殿カフェだ。小さなカフェだがテラスがあり、夏場はテラス席が断トツ人気なので室内は意外と空いている。年中無休で冬場はテラス席に暖房が置かれ、ひざ掛けもあるので相変わらず室内席よりも人気がある。ここから眺めるマラー・ストラナ全体の景色はこの上なく美しい。毎日ここで焼かれる自家製ケーキが当店の自慢で種類は色々あるが、お薦めはロプコヴィッツトルテ。アーモンドとマカデミアナッツが主体でクリームとカラメルソースがサンドされ、何層にもなっている。食べてみると複雑な味で、どっしり重量感があって見た目よりもボリュームたっぷりだ。

特殊な歴史と発展の結果、城の敷地の中にプライベート館が

カラメルの味がする当店自慢のロプコヴィッツトルテ カラメルの味がする当店自慢のロプコヴィッツトルテ

カフェのある建物はロプコヴィッツ宮殿と呼ばれ、プラハ城の中にある唯一のプライベートな館。マラー・ストラナ側から城を見上げたとき、一番右手の大きな建物がロプコヴィッツ宮殿だ。そもそも城の中にプライベートな館があることが不思議だが、プラハ城は他の城と異なって城全体が小さな一つの町のようなもの。王宮の他に大聖堂があり、広場があり、道には名前が付いている。有名な「黄金の小道」もその一つだ。かつては修道院や教会、他の貴族の館もあった。現在ロプコヴィッツ宮殿は博物館になっており、非常に貴重で世界的に有名な当家のコレクションを見学することができる。プライベートな館なのでプラハ城の入場料とは別料金になっている(入館料295コルナ)。

カフェを訪れたら是非、ミュージアムショップも覗いてみよう

ベートーヴェン、ベラスケスの絵、ヨーゼフ二世の肖像画などが壁に描かれている ベートーヴェン、ベラスケスの絵、ヨーゼフ二世の肖像画などが壁に描かれている

カフェの内部、淡いグリーンで統一されたインテリアは品が良く、壁にはロプコヴィッツ家とゆかりの人物やこの館のコレクション画の一部が描かれている。18世紀のフランツ・ヨーゼフ・マクシミリアン・フォン・ロプコヴィッツ侯爵は音楽が好きで多くの音楽家に援助の手を差し伸べた。とりわけベートーヴェンと親交が深く、ベートーヴェンのパトロンとして知られている。当家コレクションの中にはブリューゲルの傑作やベラスケス作「スペインの王女マルガリータ」もあり、上階の博物館で鑑賞することができる。カフェと同じ一階にはミュージアムショップがあり、博物館展示作品のコピー画や作品をテーマに作られた小物が並んでいる。良質な物ばかりなので展示物を鑑賞するような気持ちで是非立ち寄ってみたい。

データ

一階のショップにはガイドブックやアクセサリーの他にバッグ、スカーフ、ペンケースなどロプコヴィッツ家ゆかりの品々をテーマにした小物が売られている。 一階のショップにはガイドブックやアクセサリーの他にバッグ、スカーフ、ペンケースなどロプコヴィッツ家ゆかりの品々をテーマにした小物が売られている。

ロプコヴィッツ・パラス・カフェ
Lobkowicz Palace Cafe

住所:Jirska 1, Hradcany, 110 00 Praha
電話:+420 602 332 086
開:毎日10:00〜18:00
休:なし
予算:コーヒー、紅茶 350円前後、ケーキ500円前後

※1コルナ=約4.73円。2019年6月時点

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/07/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索