page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
チェコ・プラハ・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

プラハ城のクリスマスマーケット


掲載日:2019/10/21 テーマ:祭り・イベント 行き先: チェコ / プラハ

タグ: クリスマス 夜景


年々マーケットの場所が広がって行くプラハ

プラハ城の敷地中で開かれているクリスマスマーケット プラハ城の敷地中で開かれているクリスマスマーケット

今やヨーロッパの殆どの大都市で、11月半ば頃からクリスマスマーケットが開催されている。チェコは早くからドイツと密接な関係にあり、プラハがあるボヘミアは神聖ローマ帝国という名前のドイツ王国に含まれていた。ボヘミア王のカレル四世が神聖ローマ帝国の皇帝であった時代もある。そんな歴史的背景からドイツの文化が混ざっており、クリスマスマーケットもその一つだ。ヨーロッパのクリスマスマーケットは国によってそれぞれ特徴があり、ワインやシャンパンの屋台が主な町もあるが、チェコではクリスマスツリーに飾るオーナメントを売る屋台が多く、ホットワインや焼きソーセージなど食べ物屋の屋台など、非常にドイツ的なマーケットが開かれている。開催場所は年々増えつつある。90年代では旧市街広場とヴァーツラフ広場くらいだったが、近年では小さなマーケットも含めると町のあちらこちらに市が立っている。

マラー・ストラナ側ではプラハ城でクリスマスマーケットが開催

キリスト誕生のシーンはカトリックのシンボルだったが、今では旧教も新教も関係なくどこの町でも見られる キリスト誕生のシーンはカトリックのシンボルだったが、今では旧教も新教も関係なくどこの町でも見られる

訪れることをお薦めしたいのがプラハ城のクリスマスマーケットだ。ここでは年明けの1月6日まで開かれている。プラハはヴルタヴァ川によって2分され、旧市街は右岸の東側、城があるのは左岸の西側になる。左岸はプラハ城のあるフラチャニ地区と城下町のマラー・ストラナ地区が中心だが、こちら側のクリスマスマーケットはフラチャニでのみ開かれている。カレル橋を渡ったところにあるマラー・ストラナ地区の中心広場では何故かマーケットが開かれていない。城へ続く緩やかな坂道ネルドヴァ通りをゆっくり上がって行くと、城のすぐ下までやってくる。右手の坂を少し登ればプラハ城だ。正面西門の近くにパラパラと何軒かの屋台が並び、広場を明るくしている。西門から入ると、直ぐに大聖堂のある第三の庭へ出る。ゴシック様式の大聖堂は、高く聳える2本の塔が印象的だ。大聖堂に沿って歩いて行くと、外壁に藁で作られたキリスト誕生のシーンがあった。等身大ほどの大きさで、藁だけを使った素朴な作品。とっても良い感じだ。

チェコはガラス作りが得意な国

普段でも部屋に飾っておきたくなるガラスのオーナメント 普段でも部屋に飾っておきたくなるガラスのオーナメント

マーケットは大聖堂の後ろ側、聖イジー教会前の広場で開かれており、こぢんまりとはしているが城の中庭ということもあって大変雰囲気がいい。ガラス製のオーナメントを売る屋台があり、ドイツやオーストリアとは異なる特別なガラスボールなので、さすがチェコだ、と感じる。この店はきっと、大量生産とは異なる手作りの吹きガラス工房なのだろう。チェコでは北ボヘミアのヤブロネツで1880年頃からツリーに飾るガラスボールが造られ始めた。ヤブロネツではもともとガラスの装飾品や人工宝石が町の産業だった。一般家庭のクリスマスツリーにガラスボールが飾られるようになるとヤブロネツで盛んに生産し始め、ボヘミアガラスのブランドはツリーのオーナメントにまで及んだ。20世紀後半の社会主義時代には安価なガラスボールが出回ったが、今では再びかつてのボヘミアンブランドを取り戻している。

この時期ならではのプラハ城、マラー・ストラナの夜景

ロプコヴィッツ宮殿への入口はお洒落な雰囲気に包まれている ロプコヴィッツ宮殿への入口はお洒落な雰囲気に包まれている

イジー教会の脇を下って行くと左手に入る道があり、そこにはかの有名な「黄金の小道」があるが、そちらへは行かず真っ直ぐ下りていく。東門の手前、右手の建物はロプコヴィッツ宮殿だ。プラハ城の中にある貴族の館で、城とは別に独立した博物館になっている。一階にはカフェ&レストランがあるのでマーケット巡りに疲れたら一休みしていこう。東門から城を出ると、マラー・ストラナを一望できる見晴台がある。そこへ上がって驚いた。ヴルタヴァ河畔の道がクリスマスイルミネーションで輝いている。近くに居た警備員に、あのイルミネーションはいつから始まっているのかを尋ねると、「あれは単なる街灯と車のライトだよ!」とのこと。冬場の夕方にここへ来たことがなかったので知らなかったが、プラハの街は暗くなると毎日この様なイルミネーションになるらしい。日没が早い冬のプラハでは、こんなに美しい夜景が楽しめるのだ。

データ

プラハ城東門から眺めるヴルタヴァ河畔の夜景 プラハ城東門から眺めるヴルタヴァ河畔の夜景

プラハ城のクリスマスマーケット
開催期間:2019年11月23日から2020年1月16日まで
開催時間:毎日09:00 から 19:00 まで

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/10/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索