ボヘミアの古城って、たくさんあるの?

その歴史から、チェコ国内には、たくさんの古城が残っています。ボロボロになってしまった城址跡などもあわせると、その数およそ3000ともいわれています。観光客に見学できるように開放してある城も多く、だいたい100くらいあります。個人所有の城を、管理費を捻出するために開放している場合もあれば、国や自治体で管理している城もあります。有名で観光客に人気がある城は、特にまとまった人数がいる場合、前もって予約を入れておかなくては、見学ができない場合もあります。

ボヘミアの古城。おすすめはどこ? ボヘミアの古城。おすすめはどこ?

プラハから日帰り可能なボヘミアの古城

ムェルニーク城、チェスキーシュテルンベルク城は、個人所有の城で、今もどことなく生活の匂いがあります。こういったところもいいですが、有名どころは有名なだけあって見所豊富です。カルルシュテイン城とコノピシチェ城が、その双璧ですが、どちらか片方だけというのでしたら、コノピシチェ城をおすすめします。今は、国有ですが、以前の持ち主がすごい人でした。オーストリア、ハプスブルク帝国皇太子、フランツ・フェルディナンドです。サラエヴォで暗殺されたことにより、第一次世界大戦のきっかけとなったという人物です。城の専属のガイド(英語あり)が、詳しく話をしてくれます。コノピシチェ城には、プラハからの日帰りツアーが便利です。

足を延ばして、南ボヘミアへ

時間があるようでしたら、南ボヘミア地方にも古城がありますので、こちらもおすすめです。なんといっても有名なのは、チェスキークルムロフ城です。チェコで二番目に大きな城です。チェコで一番大きな城は、プラハ城ですが、今も大統領府として使われていますので古城とはいえませんので、古城としては、チェスキークルムロフ城が最大です。中世そのままの部屋も残っていて、見ごたえがあります。もう少し時間があるようでしたら、フルボカ城にも足を延ばしてみてください。チェコでは珍しいチューダーゴシックの白亜の城で、白馬に乗った王子さまが登場しそうな感じです。その他にも、チェコ国内には、たくさん古城が残っていますので、古城めぐりをしてはいかがでしょうか。