page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

【2019年版】美しい中世の趣が感じられるプラハで見るべき観光地トップ5をご紹介!


中世にタイムトリップしたような町プラハ

中世にタイムトリップしたような町プラハ 中世にタイムトリップしたような町プラハ

チェコ共和国の首都プラハは、世界で最も美しい街のひとつとも言われています。ヨーロッパの数々の街の中でも、際立って中世の雰囲気が色濃く残り、タイムトリップした気分になることでしょう。石畳の通りを歩きながら見る美しい建造物や風景が、とても印象的なプラハ。そんな魅力あふれるプラハの観光地トップ5を、今回はご紹介していきます。

第5位は世界で最も美しいと言われるあの図書館

まず、第5位はストラホフ修道院内の図書館です。この図書館は世界で最も美しい図書館のひとつとも称されています。ここには哲学の間と神学の間がありますが、中には入ることは出来ず、入り口から眺める形になります。中にはカフェや売店もあり、ストラホフ修道院で作っているビールも味わえます。図書館はお昼休みの時間は見学できなくなります。他の観光名所よりも、比較的すいていることが多いので、午後に訪れるのも良いでしょう。
●ストラホフ修道院内の図書館 開館時間 9:00〜12:00、13:00〜17:00  料金 120CZK 
2019年6月の情報です。最新データは以下のURLでご確認ください。
【URL】https://www.strahovskyklaster.cz/strahovska-knihovna

第4位はミュシャの作品が見れるあの場所

第4位は市民会館です。アール・ヌーヴォー建築の美しい建物の市民会館には、コンサートホールで有名なスメタナホールやカフェ、レストランなどもあります。アール・ヌーヴォーの代表的画家であるミュシャが内装を手がけた市長の間やスメタナホール、美しい装飾品が置かれた数々のお部屋は、英語のガイドツアーに参加すると見ることが出来ます。ガイドツアーは、事前にインターネット予約も出来ます。
●市民会館 開館時間 10:00〜20:00  料金 290CZK 
2019年6月の情報です。最新データは以下のURLでご確認ください。
【URL】http://www.obecnidum.cz/prohlidky/

第3位は中世の街並みを感じられるあの場所

第3位は中世の街並みを感じられるあの場所 第3位は中世の街並みを感じられるあの場所

第3位は旧市街広場です。広場の中心には、プラハ大学の総長を務め、15世紀の宗教活動家であったヤン・フス像があります。美しい建築様式が見られるバロック様式の聖ミクラーシュ教会、ゴシック様式のティーン教会は、ここにあります。毎正時ごとに、聖人なる人形の仕掛けが現れる天文時計も観光スポットです。下から見上げるよりも、向かいにあるカフェの2階のテラス席から見るとよく見えます。また、有料ですが天文時計塔にのぼるとプラハの市街を眺めることが出来るのでおすすめです。

第2位はプラハ最古の石造りのあの橋

第2位はカレル橋です。カレル橋は、プラハ城と旧市街を結ぶヴルタヴァ川にかかる約516メートルの石造りの橋です。橋の上には、30体の聖人の像が並んでいて、中でも人気なのは聖ヤン・ネポムツキー像です。この像の台座に触れると幸せになれるとの言い伝えがあります。朝日や夕陽の時間は幻想的な景色も見られて、比較的すいているので何度か足を運ぶのも良いですね。

第1位はプラハに行ったら外せないあの場所

第1位はプラハ城です。プラハ城は、プラハ城という単体のお城があるのではなく、ステンドグラスで有名な聖ヴィート大聖堂、チェコの作家カフカが住んでいた住居のある黄金小路、旧王宮などの複合施設の集合体です。カレル橋から歩いていけますが坂道なので、トラムのほうがラクに行けます。また、入り口でセキュリティーチェックがあるため、時間帯により大変混雑しています。朝早く訪問するのが良いでしょう。プラハの街並みを一望できるスターバックスもあります。魅力あふれるプラハの街歩きを楽しんでくださいね!
●プラハ城 開館時間 敷地内 6:00〜22:00 敷地内施設の開館時間はそれぞれ異なります  料金 コースB 250CZK 
2019年6月の情報です。最新データは以下のURLでご確認ください。
【URL】https://www.hrad.cz/en/prague-castle-for-visitors

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/08/08)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索