page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

【2019年版情報】プラハで毎夏に開かれる音楽フェス「メトロノーム・フェスティバル」に参加!(会場編)


UKの有名アーティトストがヘッドライナーを務める音楽フェス

プラハ市内の公園で開かれ、アクセスも便利 プラハ市内の公園で開かれ、アクセスも便利

チェコのプラハで毎年2日間にわたって開かれる「メトロノーム・フェスティバル Metronome Festival」。出演者の多くはチェコや周辺諸国のアーティストですが、ヘッドライナーは日本でも知られているUKの有名アーティストが出演します。2017年はスティングとカサビアン、2018年はマッシブ・アタックとケミカル・ブラザース、そして今年の2019年はリアム・ギャラガー、プライマル・スクリーム、クラフトワークでした。今回、中欧を旅行中だった私は途中でこのフェスのことを知り、参加してきました。チケットの買い方やなどは別記事の「準備編」に詳しく書いたので、そちらを読んでください。ここから当日の「会場編」になります。

会場には始まって少し時間が経った頃に行く

ゲート前のテントで、eチケットを見せてリストバンドをもらう ゲート前のテントで、eチケットを見せてリストバンドをもらう

私がプラハに着いたのは午後2時で、会場から2kmほど離れたホテルにチェックイン。長期戦なので昼食を食べて少し昼寝をし、17時に会場まで行くことにしました。フェス会場は、プラハ市内北部の「Vystaviste Holesovice」というトラム(路路面電車)の駅にあり、旧市街からもトラムで15分ぐらいの場所です。トラムを降りると、目の前に案内のテントが。携帯画面でeチケットを見せると、バーコードをスキャンしてリストバンドをくれました。そこから5分ほど歩いた先が入場ゲートです。私は荷物チェックで、持参した折り畳み傘を預けるように言われました。天気が悪かったので持参したのですが。預け賃は20コルナ(約100円)でした。

会場内は現金が使えない。すべてチャージ式に

会場内はすべてキャッシュレスになっています。飲食物などの買い物も、すべてリストバンドにチャージした金額から払います。あらかじめネットで登録が必要とのことでしたので、私は100コルナ(約500円)だけチャージしておきました。これは現地でチャージブースがあるので、クレジットカードがあれば追加できます。ビールなどの飲み物は最初にプラコップ代30コルナ(約150円)かかりますが、あとはそれを再使用するというシステムでした。ちなみにビールは55コルナ(約270円)。食事はハンバーガー、カレーからアジア料理、ラーメンまであり、だいたい100〜200コルナ(500〜1000円)でした。EUの人は残した分の返金が効くようなのですが、外国のカードの場合はダメかもしれないので、ちまちまとチャージする方がいいかもしれません。

けっこう空いているフェスの会場

トイレは場所によってそこそこ混んだり、がら空きだったり。建物の中のトイレはほとんど待たないで大丈夫でした。飲食ブースもほとんど並ぶことはないようです。食べるスペースも十分にあります。というより、日本のフェスに比べると人の数が少ない。人口密度でいうと半分ぐらいの感じです。17時に到着した時は、メインステージでも人が前の方しかいませんでした。その後、18時から2番目に大きなステージでバンド・オブ・スカルズという2004年結成のUKのトリオロックバンドが続きますが、人の入りはそこそこ。大丈夫なの?と心配に。やっと会場に人が増えだしたのは、19時を過ぎるぐらいになってからでした。

ヘッドライナーでも余裕で見られる

ぎしぎしに人がいっぱいにならないので、前の方にも余裕でいけます ぎしぎしに人がいっぱいにならないので、前の方にも余裕でいけます

19時からはメインステージでUKラウンジ音楽のベテラングループMORCHEEBA。このころからようやく会場が温まってきた感じです。そしてヘッドライナーのリアム・ギャラガーが登場したのは22:15でした。私はこれがお目当てだったので早めにステージ前に行きましたが、それでも20分前で端の方ですが一番前の手すりを確保できました。このゆるさがいいです(笑)。ステージはアンコール入れて16曲80分。十分満足でした。これで野外ステージは終了。フェス自体は始発電車が動く朝5時までやっていますが、深夜0時過ぎは屋内ステージのみになります。一部の売店は開いているので、そのまま飲み続けてもいいでしょう。私は最終のトラムでホテルに帰りました。もっとも深夜も30分おきでトラムは走っているので、場所によっては帰れないことはありません。現に、私のいたホテルでは深夜2、3時に帰ってくる人もいたようです。

当日でも大丈夫?

いかがでしたか? もし夏場に欧州へ行くことがあったら、チェコのプラハのこのメトロノーム・フェスに行ってみては? ちなみに当日券も売ってましたよ。1日券65ユーロです。
●メトロノーム・フェス公式ページ(英語版)https://metronomefestival.cz/en/

※これらの情報は2019年6月時点のものです。最新情報は上記のホームページでチェックしてください。
※1コルナ=約4.59円。2019年8月時点

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/08/26)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索