page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

チェコの世界遺産/仕掛けが動くのは毎正時!プラハ旧市街広場にある旧市庁舎と天文時計


旧市街広場にある旧市庁舎

旧市庁舎の時計塔にある天文時計の2つの文字盤 旧市庁舎の時計塔にある天文時計の2つの文字盤

世界遺産にも登録されている、チェコの首都プラハの歴史地区。中心となるのは、今も中世の面影を残す旧市街広場です。プラハの観光のスタートは、ここから始まると言っていいでしょう。この石畳の広場を囲んで、多くの歴史的な建造物がありますが、今回紹介するのは広場の西南側にある「旧市庁舎」です。旧市庁舎と言っても、実はいくつかの建物の集合体です。14世紀に建てられた建物を市が買い上げたのが元で、19世紀までに周囲の建物を買収するなどして拡張してきました。第二次大戦時には空爆を受け大きな被害を被りましたが、のちに大規模に修復され、現在の姿になりました。

15世紀当時のカレンダーを示す天文時計

旧市街広場の南側に人が多く集まっているのが見えたら、それは旧市庁舎の時計塔の天文時計を見る人々です。このプラハのシンボルともいうべき大きなからくり時計は、15世紀に造られました。丸い2つの大きな文字盤があり、「プラネタリウム」という上の円盤は地球を回る太陽や天体の動きを表す天体盤で、一年に一周回ります。下の円盤は「カレンダリウム」といい、黄道12宮や四季を表して一年にひと目盛り動くカレンダーになっています。造られた当時はまだ天動説が信じられていたのです。

からくり人形が現れるのは毎正時

この時計は、9時から23時の間、毎正時に仕掛けが動き出すようになっています。動くのは上部の天使像の両脇にある窓で、時間になると窓が開き、鐘の音と共にキリストの十二使徒が現れては消え、最後にニワトリが鳴いて終了です。この時は広場の時計の前はすごい人だかりで、向かいのカフェ・モーツァルトも人でいっぱいになります。とはいえ、現代の素晴らしいからくり時計を見ている目にはものすごく地味。1分もしないうちに終わってしまうので、最初見たときはがっかりしました。正直、それほど頑張って早く行って場所を取らなくてもいいかなと思います。正時近くにその場所にいたら見る程度でいいでしょう。

旧市庁舎のガイドツアーと時計塔の展望台

旧市庁舎内の天井の装飾 旧市庁舎内の天井の装飾

旧市庁舎には観光案内所があるので、寄ってみるのもいいでしょう。旧市庁舎内はガイドツアー(Old Town Hall Tours)のみで見学ができるようになっています。ツアーで寄るのは1階の聖母マリア礼拝堂、市民ホールや市議会ホールなどの部屋、ゴシック様式とローマ様式の地下室、また、時計塔の真上に登ることができます(塔のみの単独チケットもあり)。見張り台として建てられた塔の高さは、約70メートル。エレベーターで登れるので、年配の方にもおすすめですよ。展望台からは旧市街広場が360度見渡せ、眺めは最高です。夕方登れば、夜景も楽しめます。

●スグラフィット装飾の壁も見られる

他の注目ポイントは、旧市庁舎の奥にある「一分の家」と呼ばれる16世紀のルネサンス様式の建物でしょう。この建物の外壁に施されている壁画に注目です。これは16世紀にボヘミア地方で多用された、「スグラフィット装飾」という様式で、遠くから見ると壁に凹凸があるように見えるだまし絵になっています。当時の建物の表面には凝った装飾が施されていましたが、何かとコストがかかります。壁に描く絵ならもっと安くすみますし、また描きかえることも可能です。チェコ各地の宮殿でもよく見られる様式なので、覚えておくといいですよ。
今回はプラハの旧市街広場にある、旧市庁舎とその塔にある天文時計を紹介しました。プラハを訪れる機会がありましたら、ぜひ塔に登ってみてくださいね。

DATA

●旧市庁舎内ガイドツアー
[催行]月曜11:00〜19:00、火〜日曜9:00〜19:00の1日4〜6回
[料金]250コルナ(約1200円)
●時計塔
[催行]月曜11:00〜22:00、火〜日曜9:00〜22:00
[料金]130コルナ(約650円)

※1チェココルナ=約4.8円

※この情報は2019年11月現在のものです。内容には変更があるかもしれないので、最新情報は該当のホームページなどでご確認ください。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/01/12)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索