page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

ヨーロッパ周遊なら格安国際バス!予約はアプリOmioを使うと便利です


掲載日:2019/12/12 テーマ:海外旅行の準備 行き先: チェコ / プラハ

タグ: バス 節約 大自然 鉄道


格安国際バスだと、ウィーン〜ブダペスト間が9ユーロ!

チェコの長距離バス、レギオジェット。各座席にはモニターも付いています。 チェコの長距離バス、レギオジェット。各座席にはモニターも付いています。

海外で「長距離バスの旅」と聞くと、アジアやユーラシア大陸、南米、アフリカ大陸などを思い浮かべる方が多いかもしれません。筆者もとくに2002年から2014年頃までは東南アジアの仕事が多かったことと、某格安旅行ガイド本の取材も頻繁にあったので、旅先での移動は極力バスを利用していました。一方、ヨーロッパ内の移動は列車か飛行機というイメージがありましたが、今年の夏、中央ヨーロッパを旅して、ヨーロッパ内でも多くの格安の国際長距離バスが縦横無尽に走っていることを知りました。

フリックスバス(FlixBus)、レギオジェット(Regiojet)が大人気

クリスマスの時期は、レギオジェットではホットチョコとジンジャークッキーのサービスが! クリスマスの時期は、レギオジェットではホットチョコとジンジャークッキーのサービスが!

ヨーロッパ内の格安国際バス、その料金を知って驚きました。たとえば、ウィーンからブダペストまでは所要時間が約2時間40分、料金は驚きの9ユーロ(約1060円)、プラハ〜ウィーンは14ユーロ(約1650円)です。筆者はプラハ〜ウィーン間、ザルツブルク〜プラハ間の国際バスに初めて乗ってみましたが、どのバスも清潔でWi-Fiも繋がり快適でした。利用したのはおもにフリックスバス(FlixBus)で、チェコ国内ではレギオジェット(Regiojet)を使いました。黄緑色の車体のフリックスバスは、2013年、ミュンヘンでスタートした若いバス会社ですが、今やほぼ全ヨーロッパの各都市を制覇しています。シンプルなスマホによる予約方法とサービスの良さが支持を得ているのでしょう。チェコのバス会社スチューデント・エジェンシーが運営する、黄色い車体のレギオジェットはなんと2018年1月にスタートしたばかり。こちらもフランス、イギリス、ドイツ、イタリア、オランダ、ベルギー、オーストリア、ポーランド、クロアチアなどの各都市を結んでいます。ほか、ユーロライン(Euro Lines)なども人気です。

スマホからアプリをダウンロードして楽々予約、座席も選べます

フリックスバスの予約完了画面 フリックスバスの予約完了画面

座席の予約はスマートフォンから簡単にできます。英語のみで日本語は使えませんが、行きたい町と日時、必要情報を打ち込むと空席便の情報が出てきて、希望の便をタッチすると座席表が表示されます。好きな座席を選べば終わりです。バス会社にもよりますが、フリックスバスは先頭のパノラマ席は少し高めになります。予約が完了するとスマホにメールが届き、乗車時にその予約画面を見せるだけ。バス乗り場情報も一緒に出てきますので、きちんと確認しましょう。もちろん有人のバスセンターもあり、窓口で予約することもできます。料金は、どちらかというと窓口で買うほうが安い場合もありました。
●フリックスバス global.flixbus.com
●レギオジェット www.regiojet.com

鉄道、バス、飛行機の比較アプリOmioの優秀さに感動!

とても使いやすい画面が魅力のオミオのアプリ とても使いやすい画面が魅力のオミオのアプリ

自分が行きたい都市を入力すると、鉄道、バス、飛行機と3種類のアクセス方法と料金が一度に見られる優秀なアプリがあります。オミオ(Omio)と呼ばれるもので、ヨーロッパを旅するならこのアプリはぜひダウンロードすべきです。各バス会社や鉄道、飛行機料金の比較も見られ、日本語で入力できるのも嬉しい限り。格安国際バスは安さが魅力ですが、時間がかかり過ぎるのが難点。そんなとき、鉄道や飛行機の時間や料金も一緒に見てみて、それほど高くなければ他の交通手段に変える、またバスだと希望の時間帯がないという時、さほど料金の変わらない列車を選ぶこともできます。オミオのサイトでそのままサクサクと予約もできます。瞬時にすべてを比較できるサイトは、本当に優れもの。旅のお伴アプリと言えるでしょう。
●オミオ www.omio.jp

最後に長距離バス移動で注意したい事

フリックスバスの車内 フリックスバスの車内

国際バスの移動での注意点、まずそれは、バス停の場所を必ず事前に確認しておくことです。たとえばオーストリアのインズブルックのフリックスバス乗り場は、駅舎から南へ約500メートル歩きます。またプラハのフローレンツ・バスターミナルは大変広く、ひと目で乗るべきバスは分からないので、まずバスセンターに入って掲示板で乗り場の番号を確認しましょう。筆者はタクシーでバスターミナルへ向かいましたが、運転手が間違えて違うバス停に行ってしまい、実はそこにも停車することが後で分かったのですが、大急ぎで地下鉄に乗りバスターミナルへ向かったものの1本乗り過ごしてしまいました。それと、夜行バスもありますが、できる限り日中の移動をおすすめします。深夜に乗り継ぎがあると、バスターミナル内の店はすべて閉まっていて、大勢の人が待つ待合室で窮屈な思いをしなくてはなりません。バスの中では持ち物にも注意を払いましょう。
※記事の情報は2019年9月現在のものです。
※1ユーロ=約120.9円。2019年10月時点。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/12/12)

海外旅行準備マニュアルもあわせてご確認ください。

  • 海外旅行準備マニュアル
  • ※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
    ※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
     提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
    エイビーマガジンについて

     

    キーワードで記事検索

    検索