page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
デンマーク・コペンハーゲン・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

コペンハーゲンからちょっとお散歩、北欧の隣国へ


掲載日:2007/10/24 テーマ:観光地・名所 行き先: デンマーク / コペンハーゲン

タグ: 図書館


ヨーロッパ旅行の利点

マルメ側から見るオレスン大橋。晴れの日には、コペンハーゲンが美しく見えます.海も青々としていて、鳥がさえずり、おとぎ話の世界のようです マルメ側から見るオレスン大橋。晴れの日には、コペンハーゲンが美しく見えます.海も青々としていて、鳥がさえずり、おとぎ話の世界のようです

ヨーロッパでは、国から国への移動がとても楽。海外に行くためには、海を渡るしかない日本と違って、ヨーロッパは陸続きの国が多く、しかもEUのお陰で、パスポートコントロールが無い国も沢山あります。せっかく時間をかけてヨーロッパまで来るのだから、ちょっと無理してでも沢山の国をまわりたいって思うのは当然ですよね。特に、陸路で国境を渡るなんて、ちょっとあこがれの旅。

デンマークから行ける隣の国

デンマークの隣の国、といったら南につながるドイツ、北に位置するノルウェーとともに、東に位置するスウェーデンがあります。ドイツとは陸続きとはいえ、コペンハーゲンからほど遠く、電車で行くには5時間はかかってしまいます。ノルウェーも、近いとはいえ、やはりデンマークの西からアクセスすることになるので、ちょっと陸路では時間がかかります。その点、スウェーデンは、コペンハーゲンからほんの30分で行けてしまう距離。しかも、スカンジナビアの玄関、コペンハーゲン空港からは、たったの15分程度。

スウェーデンの第三の都市マルメ

マルメの誇るマルメ市立図書館。重厚な建物の旧館と最近の近代的なガラス張りの新館でできています。マルメにいったら、見てみたい場所の一つ マルメの誇るマルメ市立図書館。重厚な建物の旧館と最近の近代的なガラス張りの新館でできています。マルメにいったら、見てみたい場所の一つ

コペンハーゲンの隣に位置するスウェーデンの都市マルメは、 ストックホルム、ヨーテボリに続くスウェーデン第三の都市。こじんまりとした街ながら、歴史を誇るルンド大学を始めとして、数々の大学や研究施設、美術館、図書館、芸術関連施設が多々、林立する文化都市でもあります。マルメ中央駅で下りるとコペンハーゲン以上にのんびりと絵のような風景が広がります。メインショッピングストリートは、駅から伸びる一本のみ。可愛らしいカフェが街角にあったり、デザインコンシャスな小さなお店が沢山で、目移りしてしまうこと間違いなし。でも、とてもこじんまりとした街なので、一日もあれば、ゆっくり探索もできてしまいます。

コペンハーゲンっ子も小旅行

マルメとコペンハーゲンを結ぶ橋は、2000年1月7日にデンマーク女王マルグレーテと、スウェーデン王カールグスタフによって,開通されました。11pmの開通時間には、大勢の市民が開通を祝い,歩いて橋を渡りお祝いが盛大に開かれたといいます。橋ができる前は、船で時間をかけて、渡らなくてはならなかったから、2000年を境に両国の交流状況が大幅に変化した、と聞いても不思議ではありません。週末になると、可愛らしいマルメを一目見て、ついでにショッピングでもしようと言うコペンハーゲンの人で街はとてもにぎわいます。

アクセスも楽々

少しショッピングストリートからそれると、こんなにも美しく静かな通りが広がっています 少しショッピングストリートからそれると、こんなにも美しく静かな通りが広がっています

マルメ中央駅とコペンハーゲン中央駅は一時間に3本の列車が走っています。片道で35分しかかりません。しかも、夜通し列車は走っているので、帰りも心配はいりません。値段もとってもお手頃で、往復チケットを購入すれば、日本円で2000円程。半日程度の時間の余裕があれば、ぜひ、可愛らしいマルメに小旅行なんていかが?

■ 電車で旅行する場合はDSB(デンマーク国鉄)をチェック
URL: http://www.dsb.dk/
値段 片道2000円程
■ 車でオレスン橋をわたる場合は、Oresundsbronをチェック
URL:http://www.oresundsbron.com/
値段 片道4000円程

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/10/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索