page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
デンマーク・コペンハーゲン・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

デンマークへお手頃価格のステキなキッチン雑貨を見つけに行こう!


掲載日:2007/11/01 テーマ:ショッピング 行き先: デンマーク / コペンハーゲン

タグ: お土産 ショッピング 雑貨


デンマーク人の家に遊びにいくと

おしゃれなキッチン用品が沢山並ぶコペンハーゲンのお店 おしゃれなキッチン用品が沢山並ぶコペンハーゲンのお店

デンマークでは、友人同士の交流が盛ん。ヨーロッパだなと感じるのが、カップル同士、家族同士でのおつきあいがとても多いことです。シングルの人は増えて来ているのですが、お呼ばれするときには、カップルが基本単位。お宅に遊びに行くことになると、大抵夕方に一緒に食事をすることが多いのですが、日本と異なるのは、呼ばれた時間にいくと、まだ何も用意されていないということが多いという点。始めは驚きましたが、今では、キッチンの様子も覗け、デンマーク料理の作り方も見ることが出来るので、デンマーク文化を垣間見て楽しんでいます。

二つのフックの謎

二つのフックはこんな風に並んでいることが多いようです 二つのフックはこんな風に並んでいることが多いようです

ところで、デンマーク人のキッチンには、二つフックがついているタオルかけを見ることが多いのですが、どのように使い分けるのか想像つくでしょうか。もちろん家庭によって異なることも多いのですが、一つは食器用のふきん、もう一つは手拭き用のタオルに使われることが多いようです。始めは違いがわからずに、食器用で手を拭いて、注意されたりしたものです。

イルマちゃんのキッチンタオル

デンマーク家庭でよく使われているキッチンタオルは、日本の手ぬぐいのような存在。最近は種類も多く出回り、キッチン用品のお店では、コーナーを占領している場合もあります。身近なスーパーであるイルマでも、かわいい女の子をかたどったマスコット「イルマちゃん」が織られているキッチンタオルを購入することが出来ます。これは、とってもお手頃価格。一方、ちょっと素敵なキッチン用品のお店に行くと、一枚40KR(800円前後)で売られています。

おしゃれなキッチンウェアならここ!

おしゃれな布製品はこんな風にディスプレイされています。男の人も料理をするデンマークでは、エプロンを選んでいる男の人の姿を見ることも おしゃれな布製品はこんな風にディスプレイされています。男の人も料理をするデンマークでは、エプロンを選んでいる男の人の姿を見ることも

コペンハーゲンでお奨めのキッチン用品のお店は、ホー・スキャルム・ピー H. SkjalmP。このお店は、一階にキッチン用品、二階にリネンやホームウェアを扱うお店。どちらのフロアも、所狭しとグッズが並べられていて、小物好きにはたまらないお店。コットンやリネン、シルクを用いた自然素材が自慢です。よくサラダの取り分けに使われる木製のスプーンとフォーク、製菓用の道具、お鍋やフライパンなどと並んで、入り口近くに並べられているのが、キッチンタオルやエプロンなどの布製品。色もカラフル、デザインも斬新なものから古典調まで多種多様な品揃えです。

沢山買ってお土産にどうぞ

少しショッピングストリートからそれた場所にあるお店。店構えはこじんまりとしていますが、中に入ると想像以上に広く驚きます 少しショッピングストリートからそれた場所にあるお店。店構えはこじんまりとしていますが、中に入ると想像以上に広く驚きます

お店は、アクセス便利なショッピング街ストロイエから少しわき道に入った協会の向かいに位置しています。入り口は、ちょっとわかりにくいのだけれど、教会に面していますから、見つからなかったら、教会をぐるっと回ってみてください。探していく価値ありです!素敵なデザインコンシャスなデンマークキッチン製品、お気に入りがたくさん見つかると良いですね。

■ ホー・スキャルム・ピー H. Skjalm P
住所:Nikolaj Plads 9 1067 Copenhagen K
電話番号:+45 33 11 82 00
URL:http://www.hskjalmp.dk/
営業時間:月-木 10:00-18:00,金 -19:00, 土 16:00
定休日:日曜日

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/01)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索