page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
デンマーク・コペンハーゲン・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

インテリア雑貨好き注目!ノーマン・コペンハーゲンの直営ショップをご案内。


掲載日:2013/02/03 テーマ:ショッピング 行き先: デンマーク / コペンハーゲン

タグ: お土産 たのしい 雑貨


ノーマン・コペンハーゲンってどんなブランド?

最初の製品、Norm 69のランプ。プラスチックの薄いプレートを折り紙のように折り、工具やノリなしで組み立てられます。テーブル上のユニークなデザインの花瓶も人気商品です。 最初の製品、Norm 69のランプ。プラスチックの薄いプレートを折り紙のように折り、工具やノリなしで組み立てられます。テーブル上のユニークなデザインの花瓶も人気商品です。

1999年にJan AndersenとPoul Madsenによって設立されたノーマン・コペンハーゲンは、ユニークで気の利いたインテリア用品が人気のブランドです。2002年にNorm 69というシーリングランプを発表。その成功に続き、世界中のデザイナーと作り上げた製品は5年間でも38点。実用的ですぐれたデザインのインテリア雑貨、キッチン雑貨は、世界で多くのデザインコンペティションを受賞。2009年から家具のラインも誕生しその勢いは止まりません。

コペンハーゲンのフラッグシップショップは1700m2!

広々とした店内でゆっくりショッピング! 広々とした店内でゆっくりショッピング!

2005年にウスタブロの元劇場を改装してオープンしたフラッグシップストア。小さな入口から入ると、ショッピングカート並んでいます。細長い通路の両側には、きれいにディスプレイされたノーマンのデザイン小物。奥に進んでいくと、まさに劇場な広々としたスペース!ノーマン・コペンハーゲンの商品と、世界からセレクトされた商品が並びます。ディスプレイもなかなか凝っているので、実際に商品を使っているところが想像できて楽しくお買い物できます。

おみやげに喜ばれそうなのは?

(左上)Mormorシリーズ。(左下)コチャックグラス。(右)スティック泡だて器のビーター。 (左上)Mormorシリーズ。(左下)コチャックグラス。(右)スティック泡だて器のビーター。

Mormorシリーズの食器はここ数年デンマーク家庭で定番入りした、使いやすくテーブルに馴染むデザインが人気です。面白いデザインが好みな方には、コニャックグラスはいかが?コロンとした形からも、グラスを回して香りを楽しむ様子が想像できます。今年の新作からは、Beaterという名前の泡だて器が目を引きます。カラーは8種類。中央のパーツが動かせ、収納時は真っ直ぐになり広がりません。その他、ワイン小物、キッチン小物の種類が豊富でおみやげにオススメです。

ノーマンセレクトのインテリアやファッション。

地下のファッションフロアはメンズ、レディース半々くらいです。 地下のファッションフロアはメンズ、レディース半々くらいです。

ショップ内には、ノーマン以外にも北欧を中心に、インターナショナルなブランドのファッション、家具、インテリア用品、キッズ用品が並んでいます。ヨーロッパのグッドデザイン製品が好きな方にぴったりなラインナップではないでしょうか。地下には、洋服のフロアも。日本でも人気のスウェーデンブランドAcne、デンマークでもファンの多いMartin Margiela、デンマークブランドではLibertine-Libertineなど。全体的にカジュアルだけれどデザインのすてきな質の高い雑貨や洋服が揃っていますよ!

【関連情報】

ショップの周りには、カフェ、レストランなども充実しています。 ショップの周りには、カフェ、レストランなども充実しています。

■normann COPENHAGEN
ノーマン・コペンハーゲン
フラッグシップストア
URL:http://www.normann-copenhagen.com
住所:Oesterbrogade 70, 2100 Copenhagen
電話:+45 35270540
営業時間:月〜金曜日10:00-18:00、土曜日10:00-16:00
休業日:日曜日
アクセス:バス 1A, 3A, 14, 15番 Trianglenバス停から徒歩一分
電車 Oesterport駅から徒歩15分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/02/03)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索