page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
デンマーク・コペンハーゲン・お酒・バーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

北欧雑貨のタイガーが遊べるカフェバー『SpilBar』をオープン!


掲載日:2015/02/08 テーマ:お酒・バー 行き先: デンマーク / コペンハーゲン

タグ: おもしろい カフェ バー・パブ


デンマークで知らない人はいない人気の雑貨店

写真はコペンハーゲンのショッピングストリート、ストロイエにあるタイガーのお店。3階建ての明るい店内に楽しい雑貨があふれます。 写真はコペンハーゲンのショッピングストリート、ストロイエにあるタイガーのお店。3階建ての明るい店内に楽しい雑貨があふれます。

Tiger(タイガー)は、デンマーク生まれのユーモアでカラフルな雑貨ブランド。物価の高いデンマークでリーズナブルなデザイン雑貨が手に入る人気のお店です。デンマークや北欧での成功を受け、現在世界22カ国で380店舗を展開しています。2011年には、アジア初のお店が大阪にオープン。連日大行列ができ、メディアを騒がせたのでご存知の方も多いのではないでしょうか。お店には、くすっと笑える楽しくてかわいい雑貨が山盛りです。そんなタイガーが、遊べるカフェバーをコペンハーゲンにオープン。その様子をお届けします!

『SpilBar』で遊ぼう!

チェスの真剣勝負をする人、グループでわいわいテーブルフットボールをする人、楽しみ方は色々です。 チェスの真剣勝負をする人、グループでわいわいテーブルフットボールをする人、楽しみ方は色々です。

ストロイエにあるタイガーのお店の左側の小道に入った所にオープンしたのが『SpilBar』。スピルバーと読み、デンマーク語でゲームバーの意味。お店に入ると目に入るのはたくさんのゲーム!例えば、テーブルに並ぶ、チェス、バックギャモン、古いボードゲーム、ジェンガ、タイガーオリジナルのゲーム。または、本格的な卓球台、テーブルフットボール、テーブルカーリングなどもあります。どれで遊んでも無料。予約も必要ないので気が向いたゲームで好きなだけ遊ぶことができる楽しい空間です。

カフェやバーとしても◎!

SpilBarの外観。外や、中庭にも席があります。 SpilBarの外観。外や、中庭にも席があります。

さすがタイガーが作ったカフェバーだけあって、ドリンクメニューもリーズナブル。おいしいと評判のコントラコーヒーのオーガニックコーヒー、オーガニックジュース、サンペレグリノのスパークリングジュースが10dkk。カプチーノ、ラテ、Tigerビール、ワインは20dkk。私が知るかぎり、ストロイエ付近のきれいなカフェで一番の低価格です。観光やショッピングの合間にちょっと休みたい、ディナーや夜の街に遊びに行く前に軽く一杯、なんてときにぴったりなお店ではないでしょうか。

ゲームトーナメントや音楽コンサートも

Roundt om bordetという大勢でする卓球ゲーム。台の周りを回りながらラリーをします。ラリーに失敗したらアウト。最後は残った2人でポイント制のゲームをします。 Roundt om bordetという大勢でする卓球ゲーム。台の周りを回りながらラリーをします。ラリーに失敗したらアウト。最後は残った2人でポイント制のゲームをします。

SpilBarのマネージャーさんによると「SpilBarは大人のためのFritidhjem(学童)のようなもの。人が集まるところには、人々を通した新しい交流が生まれます。それが人々にとって大切な感覚を作り出すベースになるのではないかと思います」とのこと。毎週のように開催されているゲームやクイズのゆるい大会があるかと思ったら、ある週末は本格的なミュージシャンのコンサートが開かれていました。でも、そのコンサートの後ろで卓球していた人がいたとか。なかなかシュールでアーティスト自身も楽しんでいたそうです。今後も新しいイベントが企画されているそうですよ。

店舗情報

思わず笑ってしまうオリジナルデザインの卓球ラケット。残念ながら非売品でした。 思わず笑ってしまうオリジナルデザインの卓球ラケット。残念ながら非売品でした。

■TIGER SpilBar (タイガー・スピルバー)
URL:http://www.tiger-spilbar.dk/
住所:Mikkel Bryggers Gade 2, 1460 Koebenhavn K
電話:+45 26 39 65 54
営業時間:日〜木 12:00-24:00、金土 12:00-2:00

イベントや最新情報はFacebookのオフィシャルページで確認できます。
https://www.facebook.com/TigerSpilBar

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/02/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索