page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
デンマーク・コペンハーゲン・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

コペンハーゲンのおいしさ保証のベーカリー4店!独立系パン屋さんが人気です♪


デンマークのおいしいパンを食べよう♪

独立系パン屋さんが人気 独立系パン屋さんが人気

甘いパンとずっしりしたパンが好きな人なら、きっと好きになるデンマークのベーカリー。伝統料理のスモーブローで食されるライ麦黒パンは、数え切れないくらいの種類にレシピがあります。日本でも人気のデニッシュ系、シナモンロールも本場にきたら見逃せません。

さて、最近のコペンハーゲンでは、こだわりのおいしい独立系ベーカリーが増えてきました。お店によっては、行列ができることもあるくらい。今回は、市内の人気店4店をご紹介します!

HART Bageri

「サラダボウル」はパイの中にはマッシュルーム。トップにサラダが少しのっています。 「サラダボウル」はパイの中にはマッシュルーム。トップにサラダが少しのっています。

2018年で最も話題になったベーカリーHART Bageri。Frederiksberg(フレデリクスベア)地区のGammel Kongevejに10月にオープンしたばかりです。ミシュランレストランNomaのパートナーとして、イギリス生まれのRichard Hart氏が新しいトレンドを生み出し中。Hart氏のシグネチャーはサンフランシスコで名物となったサワードウのパン。その他、デンマークでは見かけない惣菜系おしゃれパン「サラダボウル」、デンマークの黒パン、クッキー、ケーキなど。

住所:Gl. Kongevej 109, 1850 Frederiksberg
Web:www.hartbageri.com

Juno the Bakery

香り豊かなカルダモンロール。その他、季節のイチゴやルバーブのケーキもおいしいものばかり。 香り豊かなカルダモンロール。その他、季節のイチゴやルバーブのケーキもおいしいものばかり。

昨年のオープンから、Oesterbero(ウスタブロ)地区のローカルを虜にしているJuno the Bakery。コペンハーゲンでは珍しい行列のできるベーカリーです。オーナーのEmil Glaser氏は、コペンハーゲンのNomaで6年間コックとして活躍、東京にある日本料理の龍吟、モナコのフレンチLouisXVでも経験のある方。人気のパンは、カルダモンロールとクロワッサン。ぜひ焼きたてほやほやで食べてほしい逸品です。店内には小さいイートインスペースもあります。

住所:Aahusgade 48, 2100 Oesterbro
Web:https://www.instagram.com/juno_the_bakery/

Andersen & Maillard

こちらのオーナーさんも、NYの有名レストラン、デンマークのNoma、Amassを経て独立した実力派です。 こちらのオーナーさんも、NYの有名レストラン、デンマークのNoma、Amassを経て独立した実力派です。

コペンハーゲン北部のNoerrebro(ノアブロ)地区で人気のAndersen & Maillard。ロースタリー・ベーカリーカフェとして、自家焙煎のコーヒーも飲めるおしゃれなお店です。コペンハーゲンに来たら、こちらのサクサクのクロワッサンと、濃いめで酸味のきいたコーヒーをぜひトライしてみてください。夏にはコーヒーソフトアイスクリームもおすすめ。半分に切ったクロワッサンにアイスが乗ってきます。

住所:Aahusgade 48, 2100 Oesterbro
Web: www.instagram.com/juno_the_bakery/

Mirabelle

写真はサワードウのパン。各種パンはホームページで注文し、お店でピックアップも可能です。 写真はサワードウのパン。各種パンはホームページで注文し、お店でピックアップも可能です。

Noerrebro(ノアブロ)地区でもう1件おすすめなカフェベーカリーMirabelle。オーガニックのおいしいパンが店内でゆっくりいただけるお店です。隣のの人気レストランBaestとキッチンを共有。お店のルーツもレストランからきているので、食事用のパンは味はお墨付きです。その他、サワードウとバターで作ったクロワッサンが美味。パンだけテイクアウトできる窓口もあるので、気軽に立ち寄れます。

住所:Guldbergsgade 29, 2200 Koebenhavn N
Web:mirabelle-bakery.dk

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/11/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索