page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
デンマーク・コペンハーゲン・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

目指せ北欧デザインな子供部屋 ♪ デンマーク人気のキッズ家具ブランドガイド!


掲載日:2019/04/28 テーマ:ショッピング 行き先: デンマーク / コペンハーゲン

タグ: 子供にオススメ 素晴らしい 欲しい


Oliver Furniture(オリバー・ファニチャー)

オークとホワイトのシンプルで美しいデザインです。 オークとホワイトのシンプルで美しいデザインです。

インテリアデザインを大切にするデンマーク人。大人はもちろん子供部屋にもこだわります。今回は、現地で人気のキッズ家具ブランドをご紹介!

高品質デンマークデザインの子供用ベッドならOliver Furniture。クラシックな北欧デザインは海や砂浜、夏の休暇からインスパイアされたもの。Wood Mini+のベッドシリーズはベビーからジュニアサイズまで対応。成長や家族構成に合わせて2段ベッドやロフトベッドにもなります。価格は5000dkk〜14000dkk。

Web: www.oliverfurniture.dk

Ferm Living (ファーム・リビング)

子供が大きくなってからもサイドテーブルなどにして長く使えそうです。 子供が大きくなってからもサイドテーブルなどにして長く使えそうです。

インテリアブランドのFerm Livingのキッズラインはデザイン好きなデンマークファミリーに大人気。動物や自然のモチーフが落ち着いた北欧らしいデザインに。やさしいパステルカラー、アースカラーがお部屋を上品にまとめてくれます。写真のテーブルと椅子はLittle Architectというモダンな子供用シリーズ。ミッドセンチュリーのデンマークデザインからインスピレーションを受けたミニマルなデザインです。スツール699dkk、チェア899dkk、ベンチ1,199dkk、テーブル1,899dkk。

Web: www.fermliving.com

FDB Moebler(FDBムブラー)

同ブランドでコーディネートできる写真の木馬はBoerge Mogensen の孫Sarah Moutouhデザインです。 同ブランドでコーディネートできる写真の木馬はBoerge Mogensen の孫Sarah Moutouhデザインです。

1950〜70年代のデンマークデザイン黄金期にハイクオリティーで手の届く価格のデザイン家具を製作していたFDB Moebler。現在はCoopにオーナーがかわりミッドセンチュリー名作デザインを現代にシフトし再生産しています。子供用の椅子とテーブルはあのBoerge Mogensen による1946年のデザイン。ナチュラル(ビーチ)、ブルー、レッドのカラリングも懐かしいレトロな雰囲気です。P9チェア1,299dkk、P10テーブル2,299dkk、P11ベンチ1,799dkk。

Web: www.fdbmobler.dk

EO(イーオー)

華奢にみえて丈夫なつくり。大人も座れます。 華奢にみえて丈夫なつくり。大人も座れます。

デンマーク、コペンハーゲンのモダンデザイン家具ブランドのEO。人気のバンビ、シープ、カウチェアは一度見たら忘れられないかわいらしいデザイン。自然の中からひょっこり遊びにきたかのようなフレンドリーなチェアは、子供が座るのはもちろん部屋を飾るオブジェとしても活躍しそう。デザイナーは日本人のTakeshi Sawadaさん。バンビはオーク・ウォルナット材、シープはビーチ材、カウはスモークオーク・ウォルナット材を使用。各チェア1,495dkk。

Web: www.eo.dk

by KlipKlap(バイ・クリップクラップ)

折りたたみマットレスはゲスト用にもなります。 折りたたみマットレスはゲスト用にもなります。

子供部屋にあると便利なフォームマットレス。きちんとデザインされるとこんな素敵な家具になります。2011年からデンマークでスタートしたby KlipKlap。マルチファンクションで耐久性のある折りたたみマットレス、子供用チェア、子供用ソファはデンマークのファミリーに人気です。高級感のあるテキスタイル、OEKO-TEX 100認証のフォーム材を使用、ヨーロッパ内での生産なのも安心です。キッズチェア(0〜3歳用)1,700dkk、キッズチェアXL(2〜6歳用)2,200dkk、折りたたみマットレスシングル2,900dkk。

Web: www.byklipklap.com

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/04/28)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索