世界遺産「ロスキレの大聖堂(ロスキレ)」の詳細情報

デンマークの世界遺産・名所ガイド

Roskilde Cathedral

ロスキレの大聖堂

名称:ロスキレの大聖堂(デンマーク
英語名称:Roskilde Cathedral
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1995年

各時代の芸術を有する歴代王族の霊廟

ロスキレは、コペンハーゲン西方のシェラン島に位置し、10〜15世紀にデンマーク最初の首都として栄えた。ロスキレ大聖堂は、バイキングの国からキリスト教国家へと変身を遂げたシンボルとして12世紀初頭に建設された。スカンジナビアで最も古いレンガ造りの聖堂で、ロマネスク様式とゴシック様式が混在し、北欧の建築様式の手本となった。15世紀以降は、デンマーク王族の霊廟になっている。聖堂の間口は約30m、奥行き約90m。外壁は赤く、アーチのついた内部の白壁とは対照的。聖堂内で最古の建造物は、北側に加えられた聖アンデレの礼拝室と聖ビルギッタの礼拝室で、ルキウス2世や洗礼者ヨハネなどのフレスコ画がある。歴代デンマーク王室のポーチと歴代国王への礼拝堂は、19世紀末までに増築された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!デンマークの世界遺産最新情報

2007/08/16 世界遺産

最古の王国デンマークは、この街から始まった

デンマーク旅行イメージ-のどかな風景の広がるなかにも、デンマーク国旗がみられ、重要な場所であることがわかります のどかな風景の広がるなかにも、デンマーク国旗がみられ、重要な場所であることがわかります

デンマークの西に位置し、ドイツとつながる半島「ユトランド半島」。デンマークの歴史を知るには、欠かせないエリアです。それは牧畜が盛んなデンマークだから…という訳ではなく、他にもっと重要な理由があるのです。デンマーク王国は、12世紀に始まる最古の王国と言われていますが、このデンマーク王国の歴史の始まりとされる記録を見ることができるのが、このユトランド半島の中西部に位置する小さな街・イエリング(Jelling)なのです。続きを見る



「ロスキレ」を含むツアー一覧


最安料金万円

合算 44.99万円
旅行代金: 44.99万円
燃油:旅行代金に含まれています
8日間
成田発

デンマーク ツアー

添乗員がご案内する (成田発)アムステルダムからコペンハーゲンへ 水辺の街の歴史と世界遺産をめぐる

ホテル:ドリント ホテル スキポール(アムステル…
航空会社:KLMオランダ航空 指定

日程表を見る

...≫ロスキレ大聖堂見学 歴代の国王が眠る壮麗な≪世界遺産≫ロスキレ大聖...

旅行会社/ブランド:ルックJTB


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


デンマークの世界遺産「ロスキレの大聖堂」についてご紹介します。ロスキレの大聖堂の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。