観光スポット「ワディ・ナトルーン」の旅行情報

観光スポット「ワディ・ナトルーン」の旅行情報

ワディ・ナトルーン

名称:ワディ・ナトルーン(エジプト/アレキサンドリア
ジャンル:観光スポット

カイロから砂漠道路経由でアレキサンドリアへ向かう途中にあるワディ・ナトルーン。ワディは「涸れ谷」、ナトルーンは「天然炭酸ソーダ」を意味し、古代からその名の通り天然炭酸ソーダが採掘された。ここにキリスト教が伝えられたのは4世紀ごろ。修道院もそのころから建てられ始め、10世紀初頭には50を数えた。現在は聖マカリウス修道院、バラモース修道院(ローマ修道院)、シリア修道院、聖ピショイ修道院の4つが残るのみとなっている。修行の場であって観光地ではないので、見学の際には注意が必要。歴代のエジプトのコプト教皇はこの地の修道士から選ばれ、今なお重要な地位を占めている。

ここに行くツアーを探す

アレキサンドリア旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

ワディ・ナトルーンへの旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。