エジプトの魅力は古代遺跡だけじゃない

エジプトと聞いてイメージするのは、ピラミッドやスフィンクスをはじめとする古代エジプト文明の遺跡群でしょうか。エジプトの魅力は遺跡だけではありません。ダイバーたちが世界一美しい海と称える紅海のリゾート、モーゼが十戒を授かったとされる旧約聖書の舞台シナイ山など、海あり山ありの魅力に富んだ国なのです。そしてエジプトといえば「砂漠」。今回は、遺跡以外の見どころのひとつ、エジプトの西にあるオアシスを拠点に、その奥に広がる黒砂漠と白砂漠を訪ねるサファリツアーについてお話ししましょう。

エジプトの旅は遺跡めぐりだけじゃない!!砂漠ツアーとオアシスの温泉めぐり(前編) エジプトの旅は遺跡めぐりだけじゃない!!砂漠ツアーとオアシスの温泉めぐり(前編)

西の砂漠への拠点はバハレイヤ・オアシス

エジプトの砂漠は、リビア砂漠または西方砂漠と呼ばれていて、サハラ砂漠の東の端に位置します。首都カイロから西に400km、砂漠ロードをバスで6時間走ったところにある「バハレイヤ・オアシス」の最大の村バウィーティが、西方砂漠に向かう拠点となります。アレキサンダー大王の神殿や、美しい彩色壁画の残るグレコローマン時代の墳墓と黄金のミイラなど、砂漠の真ん中とは思えない素晴らしい遺跡や出土品が見られます。村の北にはブラック・マウンテン(別名イングリッシュ・マウンテン)と呼ばれる見晴らしのよいピークがあり、緑豊かなオアシスとオアシス取り囲む広大な黒砂漠を一望することができます。

バハレイヤ・オアシスに湧く鉱泉

バハレイヤ・オアシスには多くの鉱泉や温泉が湧いています。バウィーティ村の緑豊かなナツメヤシの林は、水温30度のローマ時代からの温泉、アイン・ベシュモを水源とする灌漑設備によって維持されているんです。村の近郊にもビル・マタールやビル・ガバという温泉があり、村の各ホテルから温泉に行くツアーが組まれています。砂漠の真ん中だというのに源泉かけ流しの本格的な硫黄泉もあり、温泉には一家言ある日本人も満足できる泉質です。バウィーティ村のホテルでも温泉を引いているところがありますが、野趣あふれる郊外の温泉めぐりを楽しみたいですね。

オアシスで白砂漠へのツアーを組む

カイロからバスでバハレイヤ・オアシスの村バウィーティに着いたら、その日はのんびりと温泉に浸かって、カイロの喧騒とエジプト人との丁々発止のやりとりに疲れた心と体を癒してください。砂漠ツアーはカイロの旅行会社でも申し込むことができますが、その場合はバウィーティには泊まらず、昼食休憩の後1泊2日のサファリに出かけ、翌日にはカイロに戻るという日程がほとんどです。遺跡や温泉など魅力たっぷりのバハレイヤ・オアシスを素通りしてしまうのはもったいないですね。バウィーティのホテルでもツアーをアレンジしてくれますので、村に来てからツアーに申し込んでも、十分間に合います。(続く)